オープンソースの歴史における6つの重要な瞬間

2019年11月12日 0 投稿者: 富財

オープンソースは、今日のIT業界で重要な役割を果たしています。最小の組み込みシステムから最大のスーパーコンピューターまで、ポケットの中の電話から、私たちが毎日携わっている企業のウェブサイトやインフラストラクチャーを実行するソフトウェアまで、あらゆる場所に存在します。ここまで来た経緯を探り、現在までの道を開いた過去40年間の重要な瞬間について議論しましょう。

1、RMSとプリンター
2、GNUの作成とフリーソフトウェアの出現
3、GPLの作成
4、「大聖堂とバザール」
5、オープンソース
6、オープンソースへの企業投資—VA Linux、Red Hat、IBM

 

1. RMSとプリンター

1970年代後半、リチャードM.ストールマン(RMS)はMITのスタッフプログラマーでした。彼の部署は、当時の多くの大学の部署と同様に、PDP-10コンピューターと単一のプリンターを共有していました。彼らが遭遇した問題の1つは、紙がプリンター内で定期的に詰まり、誰かが紙詰まりを修正するまで一連の印刷ジョブがキューに積み重なることでした。この問題を回避するために、MITのスタッフは素晴らしいソーシャルハックを思いつきました。彼らはプリンタードライバーのコードを書いて、詰まったときに、現在印刷ジョブを待っている全員にメッセージが送信されるようにしました。詰まっています。修正してください。」このように、それは長い間立ち往生しませんでした。

1980年、研究所は最新のレーザープリンターの寄付を受け入れました。しかし、ストールマンがプリンタードライバーのソースコードを要求したとき、ソーシャルハックを再実装してシステムが紙詰まりをユーザーに通知できるようにするため、これは専有情報であると言われました。彼は研究プロジェクトのソースコードを持っている別の大学の研究者のことを聞き、機会が来たとき、彼はこの同僚にそれを共有するように頼み、彼らが拒否したときショックを受けました。彼らは、ストールマンがハッカー文化の裏切りとして取ったNDAに署名していました。

70年代後半から80年代前半は、従来はソースコード形式のハードウェアとともに提供されていたソフトウェアが価値があると見なされていた時代を表しています。MITの研究者はますますソフトウェア会社を立ち上げ、ソフトウェアのライセンスを販売することがビジネスモデルの鍵となりました。NDAとプロプライエタリソフトウェアライセンスが標準となり、最高のプログラマーがMITなどの大学から採用され、共有や共同作業ができなくなった民間の開発プロジェクトに取り組みました。

これに対する反応として、ストールマンは、ユーザーに動作の仕組みを理解する自由を奪わない完全なオペレーティングシステムを作成し、必要に応じて変更を加えることを許可することを決定しました。それはフリーソフトウェア運動の誕生でした。

 

2. GNUの作成とフリーソフトウェアの出現

1983年後半までに、ストールマンはプロジェクトを発表し、支援者と支援者を募集する準備が整いました。1983年9月に、彼はGNUプロジェクトの作成を発表しました(GNUはGNUのNot Unixの略です-再帰的な頭字語です)。このプロジェクトの目標は、UNIXオペレーティングシステムのクローンを作成して、ユーザーに完全な自由を与えるシステムを作成することでした。

1984年1月、彼はプロジェクトにフルタイムで取り組み始め、最初にコンパイラシステム(GCC)とさまざまなオペレーティングシステムユーティリティを作成しました。1985年の初めに、彼はプログラマーが努力に参加するための武器の呼びかけである「GNUマニフェスト」を発表し、仕事を支援するための寄付を受け入れるためにフリーソフトウェア財団を立ち上げました。この文書は、フリーソフトウェア運動の設立憲章です。

 

3. GPLの作成

1989年まで、Free Software FoundationとRMS によって作成およびリリースされたソフトウェアには、単一のライセンスがありませんでした。EmacsはEmacsライセンスに基づいてリリースされ、GCCはGCCライセンスに基づいてリリースされました。しかし、Unipressという会社がストールマンに(Javaで有名な)James Goslingから取得したEmacs実装のコピーの配布を停止させた後、彼はユーザーの自由を確保するためのライセンスが重要だと感じました。

GNUジェネラルパブリックライセンスの最初のバージョンは1989年にリリースされ、コピーレフト(言葉の遊び-著作権の反対ですか?)の価値をカプセル化しました:対象ソフトウェアを使用、コピー、配布、および変更できますライセンス。ただし、変更を加える場合は、変更されたソースコードと変更されたバイナリを共有する必要があります。1990年代のインターネットの出現と相まって、変更されたソフトウェアを共有するというこの単純な要件が、フリーソフトウェア運動の分散型の共同開発モデルの繁栄を可能にしたものです。

 

4.「大聖堂とバザール」

1990年代半ばまでに、Linuxが普及し始め、フリーソフトウェアが主流になりました。あるいは、「フリンジの少ない」方がより正確になりました。Linuxカーネルは、これまでに見たことのあるものとはまったく異なる方法で開発されており、非常に成功していました。カーネルコミュニティの混乱の中から秩序が生まれ、急速に動き出しました。

1997年に、エリックS.レイモンドは、GCCとLinuxカーネルの開発方法論と社会構造を比較対照し、「バザール」開発モデルでの彼自身の経験について話している、独創的なエッセイ「The Cathedral and the Bazaar」を発表しました。 Fetchmailプロジェクト。このエッセイでレイモンドが説明する原則の多くは、アジャイル開発とDevOpsの動きの中心になります。「早期リリース、頻繁にリリース」、コードのリファクタリング、共同開発者としてのユーザーの扱いはすべて現代のソフトウェア開発の基本です。

このエッセイは、フリーソフトウェアをより多くの聴衆に提供し、フリーソフトウェアライセンスの下でソフトウェアをリリースすることが正しいことであったとソフトウェア会社の幹部を説得したと信じられています。レイモンドは「オープンソース」という用語の造語と、オープンソース研究所の創設に尽力しました。

「大聖堂とバザール」は、1998年にリリースされたNetscape WebブラウザMozillaのソースコードの重要なドキュメントとして認められています。当時、これは既存の広く使用されているデスクトップソフトウェアのフリーソフトウェアとしての最初のメジャーリリースであり、さらに一般の目に触れました。

 

5.オープンソース

1985年にさかのぼると、ソフトウェアの自由を表す「フリー」という言葉のあいまいな性質は、RMS自身によって問題があると特定されました。GNUマニフェストでは、彼はゼロギブとユーザーの自由を混同する用語として「ギブアウェイ」と「無料」を特定しました。1990年代後半にフリーソフトウェアが主流の視聴者にヒットしたとき、「自由のように自由」、「ビールではない音声」、および同様のマントラが一般的でしたが、多くの著名なコミュニティの図は、概念をよりアクセスしやすくする用語が必要であると主張しました一般市民。

1998年にNetscapeがMozillaのソースコードをリリースした後(#4を参照)、エリックレイモンド、ブルースペレンス、マイケルティーマン、ジョン “マッドドッグ”ホール、およびフリーソフトウェアの世界をリードする多くの人々を含む人々のグループが集まりました。代替用語について議論するためにパロアルトで。「オープンソース」という用語は、フリーソフトウェアを表すためにクリスティン・ピーターソンによって造られ、オープンソース研究所は後にブルース・ペレンスとエリック・レイモンドによって設立されました。プロプライエタリなソフトウェアとの根本的な違いは、ソースコードの入手可能性であると彼らは主張したので、これがブランディングで最初に提案されるべきものであった。

その年の後半、ティム・オライリーが主催したサミットで、当時のフリーソフトウェア界で最も影響力のある人々の拡大グループが集まり、フリーソフトウェアのさまざまな新しいブランドについて議論しました。最終的に、「オープンソース」は「ソースウェア」を凌ぎ、オープンソースはコミュニティの多くのプロジェクトで採用され始めました。

しかし、いくつかの意見の相違がありました。Richard StallmanとFree Software Foundationは、「フリーソフトウェア」という用語を支持し続けました。なぜなら、プロプライエタリソフトウェアとの根本的な違いはユーザーの自由であり、ソースコードの可用性はそのための手段に過ぎなかったからです。ストールマンは、自由への焦点を取り除くことは、ソースコードが利用可能になる未来につながるが、ソフトウェアのユーザーはソフトウェアを修正する自由を利用できないだろうと主張した。Webに展開されたサービスとしてのソフトウェアとデバイスに組み込まれたオープンソースファームウェアの出現により、今日も戦いが続けられています。

 

6.オープンソースへの企業投資—VA Linux、Red Hat、IBM

1990年代後半、一連の注目を集めたイベントにより、無料のオープンソースソフトウェアの専門化が大幅に増加しました。中でも、最も注目を集めたイベントは、1999年のVA LinuxとRed HatのIPOでした。両社は、公開企業として営業日に株価が大幅に上昇したため、オープンソースが商用化され、主流になりました。

また1999年に、IBMは、開発に10億ドルを投資することでLinuxをサポートしていることを発表しました。翌年、Sun MicrosystemsはクロスプラットフォームオフィススイートStarOfficeにソースコードをリリースし、OpenOffice.orgプロジェクトを作成しました。

シリコンバレーによる大規模なオープンソースプロジェクトの資金調達、オープンソースソフトウェアを中心に構築された若い企業に対するウォールストリートの注目、IBMやSun Microsystemsなどの技術大手がもたらした市場の信頼性の組み合わせが、オープンソースの大規模な採用を生み出しました、そしてそれを成功に導いたオープン開発モデルの採用は、今日のテクノロジー業界におけるLinuxとオープンソースの優位性をもたらしました。