画像編集加工フリーソフト「PhotoScape」画像編集「ホーム」の使い方

2020年3月31日

【ソフト名】:PhotoScape
【動作OS】:Windows 10/8/7/Vista/XP/2000/NT
【機種】:IBM-PC
【種類】:フリーソフト(寄付歓迎)
【作者】:MOOII TECH
【インストール】 有り
【ダウンロード先】https://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se492136.html

 

このソフトでは下記が出来る事です。

画像編集
ホーム
オブジェクト
トリミング
ツール
画像観覧
用紙印刷
リネーム
RAW変換
一括編集
ページ
結合
GIFアニメ
印刷
分割
スクリーンキャプチャ
カラーピッカ

出来る事が多いため、当記事では画像編集の使い方を説明します。

 

画像編集で出来ることは下記4つ

ホーム、オブジェクトトリミングツール

今回はホームの出来る事です。

ホーム

1、写真+フレーム
2、円形
3、余白
4、フレームライン
5、雰囲気
6、角度
7、リサイズ
8、明るさ,カラー
9、自動レベル
10、シャープ
11、フイルム効果
12、フィルター
13、ブルーム
14、バックライト


【1、写真+フレーム】

写真にフレームを付けて写真を飾ります。

「No Frame」と書かれた右の「▲」アイコンをクリックすると、色々なフレームが出てきます。

 

今回は「Antique Frame 01」を選択してみます。

 

「Antique Frame 01」を選択したら茨柄のフレームが写真につきました。

 

 

フレームのサイズも変更できるようなんので、「200%」にしてみたところ茨柄が倍のサイズになりました。

 


【2、円形】

写真の角を丸くする作業です。

「円形」をクリックします。

 

背景色、回転ピクセルを選択します。

余白の細かい設定は「余白」の下に枠で囲ったアイコンで設定できます。

フレームラインの設定は「フレームライン」の下に枠で囲ったアイコンで設定できます。

 

 

写真の角が取れました。

 


【3、余白】

写真の淵に余白を付けます。

「余白」をクリックします。

 

余白の細かい設定が出てきます。

今回は余白の色を赤にしてみました。

 

 

写真に赤い余白がつきました。

 


【4、フレームライン】

写真の中枠を付けます。

「フレームライン」をクリックします。

 

フレームラインの色や厚さなど細かい設定を行います。

今回は緑のフレームラインを付けてみました。

 

 

緑色の点線フレームラインが付きました。

 


【5、雰囲気】

写真自体をセピアにしたりできます。

「セピア」のアイコンをクリックします。

 

写真がセピアになりました。

 

「Bamdlcoot」のアイコンをクリックします。

※Bamdlcootとは、オーストラリアのネズミだそうです。

 

Bamdlcootになりました。

 

「グレースケール」のアイコンをクリックします。

 

グレースケールになりました。

 

「Black & White」のアイコンをクリックします。

 

Black & Whiteになりました。

 

「ネガティブ反転」のアイコンをクリックします。

 

 

ネガティブ反転されました。

 


【6、角度】

写真に角度を付けます。

「任意の角度に回転」のアイコンをクリックします。

 

角度を設定できます。

+15度から-15度まで設定できます。

 

写真に角度がつきました。

 

「90度左回転」のアイコンをクリックします。

 

写真が左に回転しました。

 

「90度右回転」のアイコンをクリックします。

 

写真が右に回転しました。

 

「鏡面」のアイコンをクリックします。

 

写真が右左ひっくり返りました。

 

「反転」のアイコンをクリックします。

 

 

写真の上下が反転しました。

 


【7、リサイズ】

サイズを変更できます。

「リサイズ」アイコンをクリックすると色々な調整ができます。

 

より長い方を減少の「700px」以上がグレーになっていますが、今回使用した写真が698pxのため、それ以上の現象ができないためグレーになっています。

 


【8、明るさ,カラー】

 

 

「明るさ,カラー」のアイコンをクリックすると色々な設定ができます。

セピアやグレースケールなどは明るさ,カラーからも設定できます。

 


【9、自動レベル】

コントラストの自動レベルを設定します。

 

コントラストの設定ができます。


【10、シャープ】

写真のエッジの輪郭を強調できます。

 

「シャープ」をクリックしてシャープのレベルを設定できます。

 


【11、フイルム効果】

フイルム特有の写り方を再現できる設定です。

 

「フイルム効果」をクリックして色々な設定ができます。

 


【12、フィルター】

写真にフィルターを掛けて、写真を少しぼかします。

 

「フィルター」をクリックして色々な設定ができます。

 


【13、ブルーム】

写真をかすませることで、幻想的な写真にすることの出来る設定です。

 

「ブルーム」をクリックして低、中、高の設定を行います。

 


【14、バックライト】

バックライトを設定できます。

「バックライト」をクリックして設定します。