創作支援ツール「ArtOfWords」の「時系列」の使い方

2018年10月12日

 

【ソフト名】:ArtOfWords
【動作OS】:Windows 10/8/7/Vista
【機種】:x64
【種類】:フリーソフト(広告付)
【作者】:きえないプロジェクト 
【インストール】無し
【ダウンロード先】vectorさんからDL

作家さん支援テキストエディタソフトです。

小説家・ノンフィクション作家・ライトノベル作家・シナリオライター・劇作家・アニメーション作家・CG作家・漫画家・漫画原作者・ゲーム作家・お笑い芸人(コント師さん)などが使っているテキストエディタです。

キャラクター/登場人物管理機能・会話文管理機能・アイテム管理機能・場面/シーン管理機能などが使えます。


1、執筆
2、登場人物
3、アイテム
4、展開
5、時系列
6、サテライト
7、環境設定

 

「時系列」の使い方です。

1、縦の列表示
2、表示幅
3、時刻
4、登場人物

 

【1、縦の列表示】

[縦の列表示]グループの[表示する列を選ぶ]テキストをクリックします。

 

[表示する/しない]テキストをクリックします。
縦の列表示が有無を設定できます。

 

【2、表示幅】

[表示幅]グループの[15分]テキストをクリックします。
15分の時系列が表示されます。

 

[30秒]テキストをクリックします。
15分の表示幅は30秒刻みの時系列になります。

 

[15分]の表示幅は30秒刻みで30の枠が設定されています。

 

インジケーターをクリックします。

 

[表示幅]グループの最大が[1年]になります。

 

表示幅15分の0時00分00秒をクリックします。
[タイトル]グループのボックスをクリックします。
ここに時系列のタイトルを設定します。

 

【3、時刻】

[開始時刻]グループの[2019/9/1]ボックスをクリックします。
開始の年月日を設定します。

 

[開始時刻]グループの[00:00:00]ボックスをクリックします。
開始時刻の時刻を設定します。

 

[終了時刻]グループの[2019/9/1]ボックスをクリックします。
終了時刻の年月日を設定します。

 

[終了時刻]グループの[00:00:30]ボックスをクリックします。
終了時刻の時刻を設定します。

 

【4、登場人物】

[登場人物]グループの[+]をクリックします。

 

予め設定しておいたキャラクターAとBを登場させるかどうかを設定します。
キャラクターAの[登場する]テキストをクリックします。

 

キャラクターBの[登場する]テキストをクリックします。

 

時刻と登場キャラクターが揃いました。

 

[詳細]グループのボックスをクリックします。
何が起こったかの詳細を設定します。

 

00:00:00にキャラクターAとキャラクターBの欄に空白アイコンが設定されました。