10万クリップボード拡張ソフト「ClipboardHistory」設定「スタートアップ」解説

2020年4月5日

 

【ソフト名】:Clipboard History
【動作OS】:Windows 10/8/7/Vista/XP
【機種】:IBM-PC x64
【種類】:フリーソフト(寄付歓迎):1,188円
【作者】:ぶらんくのーと
【インストール】無し
【ダウンロード先】vectorさんからDL

[Clibor]同様のクリップボード拡張ソフトです。

Cliborに近い使い方ですが、Cliborよりもシンプルな構造とクリップボードの履歴を最大で100,000件まで記録出来ます。

設定
設定ファイルConfig.txtを編集
再読み込み
各種のコマンド
ヘルプ
終了
クリップボード履歴
ホットキー
コピー/貼り付け
その他
スタートアップ
バージョン

設定の「スタートアップ」解説です。


【スタートアップ】

[ログオン時の起動オプション]グループの[Clipboard Historyを起動しない]をクリックします。
ログオン時の起動でClipboard Historyを起動しなくなります。

 

[ログオン時の起動オプション]グループの[スタートアップフォルダから起動する]をクリックします。
ログオン時の起動でスタートアップから起動します。

 

[ログオン時の起動オプション]グループの[タスクスケジューラーから一般ユーザー権限モードで起動する]をクリックします。
ログオン時の起動でスクスケジューラーから一般ユーザー権限モードで起動します。

 

[ログオン時の起動オプション]グループの[タスクスケジューラーから管理者権限モードで起動する]をクリックします。
ログオン時の起動でスクスケジューラーから管理者権限モードで起動します。
※通常は一般権限モードの利用をお勧めします。
管理者権限で起動しているアプリ上で使用したい場合のみ、管理者権限モードで起動してください。