PDFビューア「PDF-Viewer」編集[環境設定]測定解説

2018年12月20日

【動作OS】:Windows 8/7/Vista/XP
【機種】: IBM-PC
【種類】:フリーソフト
【作者】: Tracker Software Products Ltd.
【インストール】有り
【ダウンロード先】VectorさんからDL

PDFビューアソフトです。

機能一覧

・複数のPDFファイルをタブで切り替え
・ページレイアウトは「単一のページ」「連続」「見開き」「連続―見開き」の4種類
・「ページサムネイル」の表示/非表示を設定
・枠で囲まれたテキストを入力できるテキストボックスツールや吹き出しツール
・既存のテキストの背景に色を付ける強調ツールや打ち消しツール
・下線付けツール
・矢印、直線、四角形、楕円、折れ線などのツール
・スタンプツール
・検索機能
・ページ範囲を指定して文書をBMP/PNG/GIF/TIFF/JPEG


ファイル、編集、表示ドキュメントコメントツールウィンドウヘルプ

 

元に戻す
やり直し
切り取り
コピー
貼り付け
削除
検索
検索ペイン
すべての設定をデータファイルからインポート
すべての設定をデータファイルにエクスポート
すべての設定をリセット
環境設定

 

一般
色の管理
ページの表示
レンダリング
パフォーマンス
言語
ファイルの関連付け
登録
ユーザー補助
測定
識別情報
セキュリティ
JavaScript
スナップショットツール
フォーム
コメント
新規ドキュメント
全画面表示
UIのカスタマイズ
検索プロバイダ

 

【環境設定[測定]】目次

1、単位
2、グリッドとガイド
3、カスタマイズ

 

【1、単位】

[単位] グループの [指定された単位は、ページのルーラー、ページ サイズ、グリッド、ガイド、ツールチップ等、アプリケーション全般で使用されます] コンボ ボックスをクリックすると[センチメートル][インチ][ミリメートル][パイカ][ポイント]から選択できます。

[単位] グループの [指定された単位は、ページのルーラー、ページ サイズ、グリッド、ガイド、ツールチップ等、アプリケーション全般で使用されます] コンボ ボックスをクリックすると[センチメートル][インチ][ミリメートル][パイカ][ポイント]から選択できます。

 

[単位] グループの [ルーラーを表示(R)] チェック ボックスをオンにするとルーラーを表示します。

[単位] グループの [ルーラーを表示(R)] チェック ボックスをオンにするとルーラーを表示します。

 

[単位] グループの [目盛りの分割(D)] ボックスを変更すると目盛りの分割数を設定できます。

[単位] グループの [目盛りの分割(D)] ボックスを変更すると目盛りの分割数を設定できます。

 

【2、グリッドとガイド】

[グリッドとガイド] グループの [グリッド間の幅(W)] ボックスを設定できます。

[グリッドとガイド] グループの [グリッド間の幅(W)] ボックスを設定できます。

 

[グリッドとガイド] グループの [グリッド間の高さ(H)] ボックスを設定できます。

[グリッドとガイド] グループの [グリッド間の高さ(H)] ボックスを設定できます。

 

[グリッドとガイド] グループの [左端のオフセット(L)] ボックスを設定できます。

[グリッドとガイド] グループの [左端のオフセット(L)] ボックスを設定できます。

 

[グリッドとガイド] グループの [上端のオフセット(T)] ボックスを設定できます。

[グリッドとガイド] グループの [上端のオフセット(T)] ボックスを設定できます。

 

[グリッドとガイド] グループの [サブ目盛りの分割(S)] ボックスを設定できます。

[グリッドとガイド] グループの [サブ目盛りの分割(S)] ボックスを設定できます。

 

[グリッドとガイド] グループの [グリッドの色] ボックスをクリックすると色選択パレットが表示されます。

[グリッドとガイド] グループの [グリッドの色] ボックスをクリックすると色選択パレットが表示されます。

 

[グリッドとガイド] グループの [グリッドの線] ボックスをクリックすると線を選択できます。

[グリッドとガイド] グループの [グリッドの線] ボックスをクリックすると線を選択できます。

 

[グリッドとガイド] グループの [ガイドの色] ボックスをクリックすると色選択パレットが表示されます。

[グリッドとガイド] グループの [ガイドの色] ボックスをクリックすると色選択パレットが表示されます。

 

[グリッドとガイド] グループの [ガイドの線] ボックスをクリックすると線を選択できます。

[グリッドとガイド] グループの [ガイドの線] ボックスをクリックすると線を選択できます。

 

[グリッドとガイド] グループの [スナップを使用(グリッド、ガイド、オブジェクト)] チェック ボックスをオンにするとスナップを使用します。

[グリッドとガイド] グループの [スナップを使用(グリッド、ガイド、オブジェクト)] チェック ボックスをオンにするとスナップを使用します。

 

【3、カスタマイズ】

[カスタマイズ] ボタンをクリックします。

[カスタマイズ] ボタンをクリックします。

 

[グリッド] グループの [感度(T)] コンボ ボックスをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

[グリッド] グループの [感度(T)] コンボ ボックスをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

 

[ガイド] グループの [ガイドにスナップする(U)] チェック ボックスをオンにするとガイドにスナップします。

[ガイド] グループの [ガイドにスナップする(U)] チェック ボックスをオンにするとガイドにスナップします。

 

[ガイド] グループの [感度(H)] コンボ ボックスをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

[ガイド] グループの [感度(H)] コンボ ボックスをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

 

[オブジェクト] グループの [感度(R)] コンボ ボックスをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

[オブジェクト] グループの [感度(R)] コンボ ボックスをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

 

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [終点] チェック ボックスをオンにするとスナップ先終点にアイコンが表示されます。

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [終点] チェック ボックスをオンにするとスナップ先終点にアイコンが表示されます。

 

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [端点] チェック ボックスをオンにするとスナップ先端点にアイコンが表示されます。

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [端点] チェック ボックスをオンにするとスナップ先端点にアイコンが表示されます。

 

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [中間点] チェック ボックスをオンにするとスナップ先中間点にアイコンが表示されます。

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [中間点] チェック ボックスをオンにするとスナップ先中間点にアイコンが表示されます。

 

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [中央] チェック ボックスをオンにするとスナップ先中央にアイコンが表示されます。

[オブジェクト] グループの [スナップ先] [中央] チェック ボックスをオンにするとスナップ先中央にアイコンが表示されます。

 

[すべて選択(S)] ボタンをクリックするとすべてのスナップ先にチェックが入ります。

[すべて選択(S)] ボタンをクリックするとすべてのスナップ先にチェックが入ります。

 

[すべて非選択(D)] ボタンをクリックするとすべてのスナップ先のチェックが外れます。

[すべて非選択(D)] ボタンをクリックするとすべてのスナップ先のチェックが外れます。

 

[スナップ位置を表示する(M)] チェック ボックスをオンにするとスナップ位置を表示します。

[スナップ位置を表示する(M)] チェック ボックスをオンにするとスナップ位置を表示します。