PDFビューア「PDF-Viewer」表示[ツールバー]ファイルツールバー解説

2018年12月20日

【動作OS】:Windows 8/7/Vista/XP
【機種】: IBM-PC
【種類】:フリーソフト
【作者】: Tracker Software Products Ltd.
【インストール】有り
【ダウンロード先】VectorさんからDL

PDFビューアソフトです。

機能一覧

・複数のPDFファイルをタブで切り替え
・ページレイアウトは「単一のページ」「連続」「見開き」「連続―見開き」の4種類
・「ページサムネイル」の表示/非表示を設定
・枠で囲まれたテキストを入力できるテキストボックスツールや吹き出しツール
・既存のテキストの背景に色を付ける強調ツールや打ち消しツール
・下線付けツール
・矢印、直線、四角形、楕円、折れ線などのツール
・スタンプツール
・検索機能
・ページ範囲を指定して文書をBMP/PNG/GIF/TIFF/JPEG


ファイル編集、表示、ドキュメントコメントツールウィンドウヘルプ

 

ツールバー
ステータスバー
ナビゲーションタブ
ユーザーインターフェイスのカスタマイズ
ブックマーク
ページサムネイル
他のペイン
実際のサイズ
ページに合わせる
幅に合わせる
ズーム
グリッドを表示
ガイドを表示
ルーラーを表示
スナップの切り替え
移動
ページレイアウト
表示の回転
全画面表示

 

ファイルツールバー
標準ツールバー
ズームツールバー
検索ツールバー
表示の回転ツールバー
コメントとマークアップツールバー
リンクエディタツールバー
測定ツールバー
ドキュメントオプションツールバー
ページナビゲーションツールバー
ページレイアウトツールバー
起動ツールバー
カスタマイズ
プロパティツールバー

 

【ツールバー[ファイルツールバー]】目次

1、開く
2、上書き保存
3、印刷
4、ZIPファイルでメール送信
5、スキャナから生成
6、ページをOCR解析
7、戻る
8、進み
9、元に戻す
10、やり直す

 

【1、開く】

[開く] をクリックするとドキュメントを開きます。

[開く] をクリックするとドキュメントを開きます。

 

【2、上書き保存】

[上書き保存] をクリックするとアクティブなドキュメントを保存します。

[上書き保存] をクリックするとアクティブなドキュメントを保存します。

 

【3、印刷】

[印刷] をクリックするとアクティブなドキュメントを印刷します。

[印刷] をクリックするとアクティブなドキュメントを印刷します。

 

【4、ZIPファイルでメール送信】

[ZIPファイルでメー送信] をクリックするとアクティブなドキュメントを(圧縮して)新規メールに添付します。

[ZIPファイルでメー送信] をクリックするとアクティブなドキュメントを(圧縮して)新規メールに添付します。

 

【5、スキャナから生成】

[スキャナから生成] をクリックするとスキャナから新規ドキュメントを生成します。※PRO版の機能のためライセンスが必要です。

[スキャナから生成] をクリックするとスキャナから新規ドキュメントを生成します。※PRO版の機能のためライセンスが必要です。

 

【6、ページをOCR解析】

[ページをOCR解析] をクリックするとOCRを使ってページ上のテキストを認識します。

[ページをOCR解析] をクリックするとOCRを使ってページ上のテキストを認識します。

 

[ページ範囲] グループの [すべて] オプション ボタンをオンにするとすべてページを選択範囲にします。

[ページ範囲] グループの [すべて] オプション ボタンをオンにするとすべてページを選択範囲にします。

 

[ページ範囲] グループの [選択したページ] オプション ボタンをクリックすると選択したページを選択範囲にします。

[ページ範囲] グループの [選択したページ] オプション ボタンをクリックすると選択したページを選択範囲にします。

 

[ページ範囲] グループの [現在のページ] オプション ボタンをクリックすると現在のページを選択範囲にします。

[ページ範囲] グループの [現在のページ] オプション ボタンをクリックすると現在のページを選択範囲にします。

 

[ページ範囲] グループの [ページ指定] オプション ボタンをクリックすると指定したページを選択範囲にします。

[ページ範囲] グループの [ページ指定] オプション ボタンをクリックすると指定したページを選択範囲にします。

 

[ページ範囲] グループの [ページ指定] ボックスを指定して選択範囲を設定します。

[ページ範囲] グループの [ページ指定] ボックスを指定して選択範囲を設定します。

 

[認識オプション] グループの [優先する言語] コンボ ボックスをクリックすると[English][French][German][Spanish]から選択できます。

[認識オプション] グループの [優先する言語] コンボ ボックスをクリックすると[English][French][German][Spanish]から選択できます。

 

[認識オプション] グループの [他の言語] テキストをクリックします。

[認識オプション] グループの [他の言語] テキストをクリックします。

 

[https://www.tracker-software.com/pdf-xchange-viewer-ocr] が開き [トラッカーソフトウェア製品::エディター&ビューアーOCR言語ファイル] が表示されます。

[https://www.tracker-software.com/pdf-xchange-viewer-ocr] が開き [トラッカーソフトウェア製品::エディター&ビューアーOCR言語ファイル] が表示されます。

 

[精度] コンボ ボックスリストの [開く] ボタンをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

[精度] コンボ ボックスリストの [開く] ボタンをクリックすると[低][中][高]から選択できます。

 

[出力] グループの [PDF出力の種類] コンボ ボックスをクリックすると[元のコンテンツを残して新たにテキストレイヤを追加(&A)][ページコンテンツをイメージに変換 - テキストレイヤを追加(&A)]から選択できます。

[出力] グループの [PDF出力の種類] コンボ ボックスをクリックすると[元のコンテンツを残して新たにテキストレイヤを追加(&A)][ページコンテンツをイメージに変換 – テキストレイヤを追加(&A)]から選択できます。

 

[出力] グループの [画像の品質] コンボ ボックスをクリックすると[72~600]dpiから選択できます。

[出力] グループの [画像の品質] コンボ ボックスをクリックすると[72~600]dpiから選択できます。

 

【7、戻る】

[戻る] をクリックすると前の作業へ戻ります。

[戻る] をクリックすると前の作業へ戻ります。

 

【8、進み】

[進む] をクリックすると先の作業へ進みます。

[進む] をクリックすると先の作業へ進みます。

 

【9、元に戻す】

[元に戻す(U)] をクリックすると直前の操作を取り消します。

[元に戻す(U)] をクリックすると直前の操作を取り消します。

 

【10、やり直す】

[やり直す(R)] をクリックすると取り消した操作を再実行します。

[やり直す(R)] をクリックすると取り消した操作を再実行します。