PDFビューア「PDF-Viewer」ドキュメント[ページの抽出]解説

2018年12月20日

【動作OS】:Windows 8/7/Vista/XP
【機種】: IBM-PC
【種類】:フリーソフト
【作者】: Tracker Software Products Ltd.
【インストール】有り
【ダウンロード先】VectorさんからDL

PDFビューアソフトです。

機能一覧

・複数のPDFファイルをタブで切り替え
・ページレイアウトは「単一のページ」「連続」「見開き」「連続―見開き」の4種類
・「ページサムネイル」の表示/非表示を設定
・枠で囲まれたテキストを入力できるテキストボックスツールや吹き出しツール
・既存のテキストの背景に色を付ける強調ツールや打ち消しツール
・下線付けツール
・矢印、直線、四角形、楕円、折れ線などのツール
・スタンプツール
・検索機能
・ページ範囲を指定して文書をBMP/PNG/GIF/TIFF/JPEG


ファイル編集表示、ドキュメント、コメントツールウィンドウヘルプ

 

ページの挿入
空白のページを挿入
ページの抽出
ページの削除
ページの回転
ページの切り抜き
署名
ファイルの添付
ページをOCR解析

 

【ドキュメント[ページの抽出]】目次

1、ページの範囲
2、オプション
3、保存先

 

【1、ページの範囲】

[ページの範囲] グループの [すべて] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲がすべてに設定されます。

[ページの範囲] グループの [すべて] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲がすべてに設定されます。

 

[ページの範囲] グループの [選択したページ] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲が選択したページに設定されします。

[ページの範囲] グループの [選択したページ] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲が選択したページに設定されします。

 

[ページの範囲] グループの [現在のページ] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲が現在のページに設定されします。

[ページの範囲] グループの [現在のページ] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲が現在のページに設定されします。

 

[ページの範囲] グループの [ページ番号] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲が選択できます。

[ページの範囲] グループの [ページ番号] オプション ボタンをオンにすると抽出するページ範囲が選択できます。

 

[ページの範囲] グループの [ページ番号] ボックスの設定により抽出するページ範囲が設定できます。

[ページの範囲] グループの [ページ番号] ボックスの設定により抽出するページ範囲が設定できます。

 

[ページの範囲] グループの [適用先] コンボ ボックスをクリックすると[すべてのページ][偶数のページのみ][奇数のページのみ]から選択できます。

[ページの範囲] グループの [適用先] コンボ ボックスをクリックすると[すべてのページ][偶数のページのみ][奇数のページのみ]から選択できます。

 

【2、オプション】

[オプション] グループの [抽出後にページを削除する] チェック ボックスをオンにすると抽出後にページを削除します。

[オプション] グループの [抽出後にページを削除する] チェック ボックスをオンにすると抽出後にページを削除します。

 

[オプション] グループの [抽出したページを別のファイルに保存する] チェック ボックスをオンにすると抽出したページを別のファイルに保存します。

[オプション] グループの [抽出したページを別のファイルに保存する] チェック ボックスをオンにすると抽出したページを別のファイルに保存します。

 

[オプション] グループの [抽出したページを新しいファイルに保存する] チェック ボックスをオンにすると抽出したページを新しいファイルに保存します。

[オプション] グループの [抽出したページを新しいファイルに保存する] チェック ボックスをオンにすると抽出したページを新しいファイルに保存します。

 

【3、保存先】

[保存先] グループの [保存するフォルダを選択] ボックスにパスを入力すると保存するフォルダを直接指定できます。

[保存先] グループの [保存するフォルダを選択] ボックスにパスを入力すると保存するフォルダを直接指定できます。

 

[参照] ボタンをクリックするとフォルダが表示されフォルダを指定できます。

[参照] ボタンをクリックするとフォルダが表示されフォルダを指定できます。

 

[保存先] グループの [ファイル名] ボックスを設定するとファイル名に入力される番号(記号)を設定できます。

[保存先] グループの [ファイル名] ボックスを設定するとファイル名に入力される番号(記号)を設定できます。

 

[マクロ] ボタンをクリックすると[ページ番号][ページ][ファイル名][日付(MM-DD-YYYY)][年][月][日][時間(HH-MM-SS)][時][分][秒][自動採番]からファイル名に設定する番号(記号)を選択できます。

[マクロ] ボタンをクリックすると[ページ番号][ページ][ファイル名][日付(MM-DD-YYYY)][年][月][日][時間(HH-MM-SS)][時][分][秒][自動採番]からファイル名に設定する番号(記号)を選択できます。