テキストファイル結合ソフト「j-txtadd」の使い方

【ソフト名】:j-txtadd
【動作OS】:Windows XP/2000/98
※Window10で起動出来ましたが環境によっては出来ない可能性があります。
【機種】:汎用
【種類】:フリーソフト
【作者】:jyausoftさん
【インストール】 無し
【ダウンロード先】vectorさんからDL

テキストファイルを連結・結合するソフトです。

複数テキスト結合ソフト「TXTJOIN 1.5」の使い方」と同様で、とてもシンプルな使い方なので難しいことはないと思います。


【複数のテキストファイルを結合する】

今回は「test01」から「test04」のテキストファイルを結合したいと思います。

1、結合するすべてのファイルをj-txtaddにドラッグ&ドロップします。
2、「連結時の改行」で[なし][CRLF][LF]を選択します。今回は[LF]を選択しました。

CR(Carriage Return キャリッジリターン) LF(Line Feed ラインフィード) CRLF(CR+LF)
英語で、復帰を意味します。カーソルを左端の位置に戻すことです。 英語で、改行を意味します。カーソルを新しい行に移動することです。 CRとLFを足したものです。左端にカーソルを戻して改行することです。

3、実行をクリックすると保存名を設定する画面が出ますので、今回は「test00」として保存しました。
4、「ファイル出力が完了したみたいです確認してみて下さい」と表示されますので「OK」をクリックします。
5、「test00」が作成されていますが、プロパティでファイルの種類を確認するとテキストファイルになっていないので、名前の最後に「.txt」と拡張子を入力して適当な所をクリックします。
6、再度プロパティでファイルの種類を確認します。「テキスト ドキュメント (.txt)」と変更されていることが確認できたら完了です。