24の動画編集ソフト無料で使えるフリーソフトを厳選

 

至極の動画編集フリーソフトを探し当てれることができれば、動画ビジネスや動画プレゼンなどの業務がほとんど成功できたと行っても過言ではないのではないでしょうか。スペシャルな動画編集で作ったコンテンツについては、コストパフォーマンスを大幅にアップさせるん力を発揮します。いまや動画はYouTubeを始めとしてInstagramやFacebookやTwitterなど、ありとあらゆるソーシャルネットワーキングサービスので必要不可欠な存在となりました。

使える動画編集フリーソフトを数多く見つけていれば、大いなる結果をのぞむことが出来るでしょう。また、大作を作成するのに多くの費用を必要とはしないでしょう。

当記事では、さまざまな動画編集フリーソフトを探してきました。多目的な動画編集フリーソフトに焦点を当てて動画編集ソフトを探して来ましたので、様々な編集で使う動画編集ソフトを切り替えてありとあらゆる編集が出来る事を望みます。それにそういったことを十分活用しておくメソッドの紹介文をレクチャーしようと思います。

皆さんの選択項目としてあるのは、デスクトップで作業が出来る動画編集ソフト・スマホを使った動画編集ソフト・そしてInstagramに限定した動画編集ソフトだと思いますので3つのカテゴリに分けた説明をいたしました。

ぜひともこの記事で皆様のお役に立てられることを期待したいと思います。

PC用動画編集フリーソフト

1、Blender
2、Lightworks
3、Shotcut
4、DaVinci Resolve
5、Openshot
6、Avidemux
7、HitFilm Express
8、InVideo
9、iMovie
10、VSDC
11、Machete Video Editor Lite
12、VideoPad
13、Freemake Video Converter

スマホ用動画編集フリーソフト

14、Quik
15、Adobe Premiere Rush
16、Horizon
17、Promo.com
18、GoPro

Instagram用動画編集フリーソフト

19、Magisto
20、Boomerang
21、アンカービデオメーカー
22、Hyperlapse
23、Apple Clips
24、FilmoraGo

 

デスクトップ向けの最高の無料動画編集フリーソフト

これから案内する最高の動画編集フリーソフトはデスクトップPCを使ったものであり、フリーで提供されております。当然のことですが、デスクトップPC用の動画編集ソフトは、スマホ動画編集ソフトよりも出来ることが多くたくさんのシチュエーションを演出することができます。YouTubeや短編映画や長編コンテンツなどを作成する場合はデスクトップPC用の動画編集ソフトを採用します。

ここで紹介する動画編集ソフトはフリーで使用できるか、多くの編集が可能な無料バージョンが使えます。これらの動画編集ソフトは、基礎的なものからかなり高度な編集が出来るものまで紹介しております。

 

1、Blender

Windows、Mac、Linuxで利用可能。

一般市場で極上のフリー映像編集ソフトの一つです。Blenderは、Windowsや、Macや、Linuxで利用できます。

Blenderは、100パーセントフリーで使えるオープンソースになります。Blenderは何を隠そう3Dアニメーションとして構成されましたが、極めてユーザビリティの高い映像エディターがセットされています。Blenderの映像エディタで、あらかたの映像ニーズがカバーできます。

エディターを活用すると、映像カットやスプライシングなどのベーシックな動作を行えます。また、映像マスキングなどのより変わったプロジェクトを実施することもできます。その為、極めて柔軟性のある映像エディタとなり、新人ユーザーとエキスパートユーザーの双方をカバーします。

Blender Video Editorには次の機能が組み合わされています。

・ライブプレビュー、輝度波形、クロマベクトルスコープ、及びヒストグラム開示。
・オーディオのミキシング、同期、スクラブ、及び波形の視覚化。
・映像、画像、オーディオ、及びエフェクトを入れる為の最多32スロット。
・スピード制御、調整レイヤー、トランジション、キーフレーム、フィルターなど。

長所:全部の動作に先送りされていない上級ユーザーに最適です。

短所:動作の果てしなく広がる配列により、なれるまで使いこなすことが困難になります。ほぼ全部のチュートリアルは、3Dアニメーション/モデリングの状況に焦点を当てています。映像エディタで役立つリソースは非常に限りがあります。

理想的な用途:3Dアニメーションを含むよりハイレベルなプロジェクト。

 

2、Lightworks

Windows、Mac、Linuxで利用可能。

Lightworksは、Windowsや、Macや、Linuxで使用できる高評価のフリーの映像編集ソフトです。

Lightworksは、動画編集ソフトでは際立ってパワフルな映像エディターの1つです。ユーザビリティの高い機能が豊富にあります。フリー版でも、ほぼすべての利用者にとって満足できる機能がそなわってます。

このフリー版の映像エディタには、次の機能が入っています。

高精度のビデオトリミング。
マルチカムのサポート。
YouTube用に720pにエクスポートします。
幅広い映像形式がサポートされています。
おおかたの機能が入っていますが、YouTube及びVimeoの4K映像サポートは、有料版のみに含まれています。例えば、Blenderと比較して、Lightworksには数多い高水準の映像チュートリアルがあって、起動と実行を瞬時に行うことが出来ます。

長所:豊富なハイレベルな機能が完備された極めて強力な映像エディター。

短所:4K映像は有料版でのみサポートされます。

 

3、Shotcut

Windows、Mac、Linuxで利用可能。

Shotcutは、Windowsや、Macや、Linuxで利用できる優秀フリー映像編集ソフトの1つです。

Shotcutは、Blenderと同じく、100パーセントオープンソースのパッケージです。DL後、有償のバージョンアップなどは要することなく全部の機能を使用することができます。

この映像エディタはいろんな映像形式をサポートし、チュートリアル映像の理想的なコレクションを自負しています。この映像編集ソフトにはハイレベルな機能がありますが、使い慣れていないユーザーはインターフェイスが少し風変わりを感じるかもしれないですね。このソフトはもともとLinux用に設定されたもので、Windowsで慣れ親しんだ方には明らかに違和感を感じてしまうかもしれません。しかし、機能的には、高品質の映像エディターです。

とりわけ印象的な機能の2つは、4K HD解像度のサポートとそのタイムライン編集です。ほとんどのフリーソフトは、4K解像度のサポートが組み合わされていません。Shotcutでは、映像をエディターにインポートする必要性もありません。ビッグサイズの映像ファイルに対応する場合、時間の節約になります。

長所:ネイティブのタイムライン編集と4K解像度のサポート。

短所:風変わりなインターフェイスは一部のユーザーにとって使いづらい場合があります。

最適:4K、HD映像プロジェクト。

 

4、DaVinci Resolve

Windows、Mac、Linuxで利用可能。

DaVinci Resolveは疑う余地もなく最も一歩先行く映像エディターです。いくつものプロフェッショナルな映像機能を備えていますが、そのインターフェースは直感的に使用できます。映像のスライスとトリミングに加えて、オーディオ機能も充実していて、色を修正まで出来ます。また、映像に2Dや3Dを追加することができます。映像をトリミングしてアップロードする事をメインに使用する場合は、DaVinci Resolveの豊富な機能では手に余ってしまう可能性すらあります。

含まれる機能:

高性能なトリミング
マルチカム編集
色補正
オーディオマスタリング
長所:直感的なインターフェイスと驚くべき色補正。

短所:豊富すぎる機能は少し手に余る可能性があります。チュートリアルがフリーではありません。

最適:色を修正する必要がある場合は、より高度なプロジェクト。

 

5、Openshot

Windows、Mac、Linuxで利用可能。

Openshotは100パーセントオープンソースであるので、並外れた映像編集ソフトウェアの1つです。利便性が高いドラッグアンドドロップインターフェイスにより、一部のMacユーザーにiMovieを思い出させる使い勝手です。ただし、Openshotは、自由なレイヤーやオーディオミキシングなど、iMovieよりも豊富な機能を備えています。このフリーのエディターは、ハイレベルな機能と簡潔なインターフェイスのバランス化が取れています。また、クリップ間のトランジションを作り上げるときに、リアルタイムのプレビューが可能だと言えます。

含まれる機能:

無制限のトラック/レイヤー
クリップのサイズの変更、スケーリング、トリミング、スナップ、回転、そしてリアルタイムプレビューによる映像トランジションのカット
合成、画像オーバーレイ、透かし
タイトルテンプレート、タイトル作成、字幕3Dアニメーションタイトル(エフェクト)
高度なタイムライン(ドラッグアンドドロップ、スクロール、パン、ズーム、スナップを含む)
長所:オープンソース、無制限のレイヤー。

短所:映像チュートリアルはあまり多くはありません。

最適な用途:映像編集を開始したばかりのユーザーに最も適しています。

 

6、Avidemux

Windows、Mac、Linuxで利用可能。

Avidemuxは、インターフェースが極めて使い勝手が良いため、初心者にとって極上の映像編集ソフトの1つです。このプログラムは、次にあげるようなベーシックなタスクを実行するのにお奨めです。

簡単な切断
エンコーディング
フィルタリング
映像編集にまったく不慣れな場合は、このソフトから始めるのがオススメです。

長所:極めてシンプルなソフト。ヘルプを読むことは不必要です。

短所:他の映像エディターほど多彩な機能はございません。

最適:ビギナー向けのベーシックな編集プロジェクト。

 

7、HitFilm Express

MacとWindowsの両方で使用可能。

HitFilm Expressは、映像を作成するよりスペシャリストな映像エディターの1つです。ベーシックなエディター(スプライシング、トリミング、オーディオ編集)はもちろんのこと、さらに莫大な機能が組み込まれています。一部のユーザーはHitFilmが少し高度すぎると意識してしまうかもしれませんが、それでも飛び抜けた無料の映像エディターの1つです。フリーのパッケージには、180以上の特異効果が入っています。

チュートリアルは主にスターウォーズのような評価の高いハリウッド映画を基準にしていますが、これらは相互作用が働きでとても魅力的です。

このソフトをDLする前に、Hitfilmはソーシャルメディアで位置づけの更新を共有するようにお願いされます。使っていると、Hitfilmにはアドオンを購入できるストアが出てきますが、フリーの機能セットで十分ですので、特殊な編集を希望している方以外は不要だと思います。

含まれる機能:

・高度なカット編集
・グリーンスクリーン効果のキーイング
・オーディオやビデオフィルター
・合成ツール
・レイヤーとマスキング
・3Dビデオのサポート

長所:値段の幅のない本当にプロフェッショナルな映像エディタ。

短所:使い慣れるまでインターフェイスを覚えるのに経験を必要とするかも知れません。

最適:YouTuber Vlogs ? YouTubeのアップ機能が搭載されています。

 

8、InVideo

WindowsおよびMacで利用可能です。

この熟練された映像編集ツールは、セールスプロモーション担当者、出版社、個人、代理店に最も適しています。映像の安定化、グループのコラボレーションなどをサポートするこのソフトは、多くの理由でクラス最高です。ユーザーは、この映像編集ソフトがしっかりしたカスタマーサービス、UX、お得な価格、そして高機能であることをかなり高く評価いたします。

毎月新たなハイレベルな映像テンプレートが追加しているため、このツールはビギナーやベテランの映像エディターに合っています。使い方は奥が深く、想像以上の柔軟性が伴います。

機能が含まれます:

・オーディオツール
・ブランド/テキストオーバーレイ
・コラボレーション
・速度調整
・分割/マージ
・HD解像度をサポート
・映像安定化
長所:シンプルなプレゼンテーション映像を楽に作成できます。

短所:いくつものオーディオファイルなどを追加できないため、オールインワン映像エディターではありません。

最適な用途:ブログのマーケティング映像を制作する。

 

9、iMovie

Macで利用できます。

懐かしいiMovieはMac OSに備え付けられています。ほとんどすべてのMacアプリケーションと同様に、この映像エディターはかなり直感的に使えると思います。ドラッグアンドドロップインターフェイスを実装しています。Macユーザーは、iMovieを映像編集のルールを学ぶために使用できます。ややこしい編集をしない場合、このソフトに備え付けの代替映像編集が使えると思います。

含まれる機能:

・ソフトに備え付けの遷移ライブラリ
・映像トリミング
・オーディオ編集
・画面分割
・4K解像度のサポート
長所:操作が簡単に習得できます。

短所:上級ユーザーは機能が少し制限されるため、物足りなさを感じる場合があります。インポートとレンダリングの時間が少し遅れる場合があります。

最適:Macユーザーが最初に映像編集を始める場合は、まずiMovieから始める場合が多いです。

 

10、VSDC無料ビデオエディター

Windowsで利用可能です。

Windowsでのみ利用できる上級フリーの映像編集ソフトVSDCです。フリー版にも、色補正やオーディオ編集などの強力な機能セットがあります。

プロフェッショナル版の価格は19.99ドルで、映像の安定化、ボイスオーバーのサポート、視覚的な波形が含まれています。プロフェッショナル版にアップデートしないことを選択した場合、テクニカルサポートの費用は1か月で9.99ドル、1年で14.99ドルです。

長所:豊富な機能を学習するのが比較的簡単です。

短所:テクニカルサポートはフリーではありません。Windowsのみ。

最適:Windowsベースの編集プロジェクト

 

11、Machete Video Editor Lite

Windowsで利用可能です。

Machete Liteは、際立ってシンプルなエディターであり、スピーディな編集作業に最適です。フリー版では、オーディオを編集出来ません。オーディオトラックのみを完全に削除できます。また、フリー版ではAVIおよびWMVファイルのみがサポートされます。フルバージョンの価格は19.95ドルで、オーディオを編集でき、より多くのファイルタイプをサポートしています。

長所:使い勝手が非常に簡単です。

短所:Windowsのみです。他のソフトほど多彩な機能はありません。オーディオ編集なし。

最適な用途:シンプルな映像スプライシング。

 

12、VideoPad

Windowsで利用可能です。

VideoPadは、マルチメディア映像編集を始める第一歩に理想的な映像編集ソフトです。シンプルで使いやすいので、映像コンポジションを学び始める人に最も適しています。ただし、ハイレベルな映像編集を期待するユーザーは、物足りなさを感じるかもしれません。

含まれる機能:

・事前に作成された遷移のライブラリ
・複数の解像度で映像をエクスポートする
・3D映像編集
・カメラの揺れを減らす
・音響効果ライブラリ
長所:YouTubeや他のソーシャルプラットフォームに直接エクスポートするための機能。

短所:上級ユーザーにとっては物足りなさを感じさせます。

最適な用途:映像編集を始めたばかりの初心者。

 

13、Freemake Video Converter

Windowsで利用可能です。

Freemakeは、映像のファイル形式を変更および変換したり、映像クリップからオーディオを抽出したり、映像をWebサイトに埋め込むことができるフリーの映像コンバーターソフトです。シンプルかつ高速なFreemakeを使用して、たくさんのモバイルデバイスやガジェットで再生する映像クリップに変換できます。このソフトは、500を超える映像ファイル形式間で映像を変換できて、スライドショーや映像クリップを作成するための複数のオーディオおよび画像ファイル形式をサポートしています。

含まれる機能:

・動画をすばやく簡単に変換
・字幕付き映画を変換する
・500以上のフォーマット間で変換
・クリップの切り取り、結合、回転
・4K解像度のサポート
長所:専門知識はほとんど必要ありません。

短所:最初にインストールしたとき、一部の機能は3日間ロックされます。

最適:映像を無数のファイル形式に変換できます。

 

スマホ向けの最高の無料動画編集フリーソフト

以下のアプリケーションは、スマートフォンから映像をキャプチャして共有し、外出先で映像を編集したい人向けです。お薦めできる映像編集アプリは数多くありますが、下記には、スマホデバイス用の最高で直感的なおかつフリーの映像アプリを紹介します。

 

14、Quik

iOSおよびAndroidで利用できます。

Quikは、GoProのメーカーが提供するフリーの映像編集アプリです。このアプリはSpliceに似ていますが、ユーザーは少し編集能力を必要とします。編集プロセスを高速化するオートマティックトリムなどの編集機能が備わっています。さらに制御したいユーザーは手動でクリップを編集することができます。

Quikがオートマチックにできることがとても印象的です。動画の中で素晴らしい瞬間を見つけて、トランジションを追加することなどもできます。高速編集が必要な場合、このアプリが最適です。また、Spliceとは異なり、Androidユーザーも利用できます。

長所:自動編集機能。

短所:高度な編集を必要とする一部のユーザーは、物足りなさを感じる場合があります。

最適な用途:個々のビデオを素早く編集。

 

15、Adobe Premiere Rush

iOSおよびAndroidで利用できます。

Adobe Premiere Rushはかなり人気を誇る映像編集アプリです。音楽(自分のライブラリまたはライブラリに含まれているもの)、トランジション、色の自動修正を追加すると、映像を共有することができるようになります。

フリーフォームと自動の2つのモードを使用すると、編集コントロールを保存するか、Adobeがトランジションを選択してクリップを自動的にトリミングするかを選択できます。アドビユーザーは、このアプリがLightroomなどの他のアドビのソフトと同期できることは大きなメリットとなります。

長所:使いやすい。Adobe Creative Cloudのサポート。

短所:クリップを回転させるなど、いくつかの基本的な機能がついていません。

最適:基本的なスマホ映像編集アプリ。

 

16、ホライズン

iOSおよびAndroidで利用できます。

Horizo??nは、ユーザーがスマホの角度に関係なく映像を水平に撮影できるシンプルなアプリです。瞬間を撮影するために急いでいるとき、スマホを傾けてアクションを水平にキャプチャすることが出来ない場合がありますが、このアプリを使うと、その問題を解決します。アプリで撮影したすべての映像は、スマホをどんな角度に傾けても水平にキャプチャしてくれます。Horizo??nアプリで撮影された映像はすべて水平に撮影されます。

長所:極めて使いやすい。自動的に垂直で撮影してくれます。

短所:AndroidバージョンはiOSバージョンほど高精度ではありません。ニーズに応じて、アプリ内購入が必要になる場合があります。

最適:常にフィルムを水平にキャプチャします。

 

17、Promo.com

Web、iOS、Androidで利用可能です。

Promo.comは、最もソーシャルメディアの投稿や宣伝の為に優れた熟練の映像を作るためのアプリです。ウェブおよびスマホバージョンのプログラムを活用すると、出先で楽に映像の編集ができます。

機能が含まれます:

・オーディオツール
・ブランド/テキストオーバーレイ
・ソーシャル共有
・速度調整
・分割/マージ
・HD解像度
・ビデオキャプチャ
長所:極めて取り扱いが簡単で、直感的なUXが搭載。ハイレベルな自動化。

短所:ディスプレイのサイズが原因で、スマホバージョンで本文と画像を配置するのが困難な場合があります。

最適:ハイレベルな映像を瞬時に楽に作成できます。

 

18、GoPro

iOSおよびAndroidで利用可能。

GoPro は、iPhone及びAndroidユーザーが使用できる最高に人気のあるフリーの映像編集アプリです。このアプリは、直感的なインターフェイスの為、楽に操作ができます。何度かタップするだけで映像を編集および映像のカットできます。たくさんのライブラリからトランジションとサウンドを追加すると、映像をすぐに共有できます。

長所:わかりやすくて実用性が高い。

短所:少し不具合が発生する場合もあります。

最適な用途:編集に時間を掛けたくなく、素早く映像編集をしたい場合。

 

Instagram用の最高の無料動画編集フリーソフト

現在ではInstagramで動画アップすることは多くの方が行っています。しかし、せっかく良い動画素材も下手な編集をしてしまうことで誰も見てくれない動画になってしまいます。下記で紹介する映像編集アプリでInstagramのランクを引き上げましょう。ちなみに、上記で紹介した動画編集アプリでも、Instagramにアップすることが出来ますが、これから紹介する映像編集ソフトは、Instagramのプラットフォームを念頭に置いたInstagramのために設計された映像編集ソフトです。

 

19、Magisto

iOSおよびAndroidで利用可能です。

Magistoは、過去に受賞歴のあるAI映像編集エディターです。写真、ビデオ、音楽などなど、追加したいものを全て追加すると、映像が自動的に編集かつ作成されます。その編集されるさまはかなり素晴らしいです。

表現したいストーリーの種類を選択することで、Magistoはスマート映像エディターを使ってスペシャリストな映像を配信し、時間を圧倒的にカットできます。Instagramで素早く投稿することに最適です。その出来栄えはストーリーの編集に少なくとも数時間を費やした様に感じられます。

長所:AIの結果はとっても印象的です。

短所:編集のスピードを上げるために編集コントロールを犠牲にしています。

最適な用途:迅速でスペシャリストな映像編集。

 

20、Boomerang

iOSおよびAndroidで利用可能です。

iOSとAndroidで利用できるBoomerang(ブーメラン)は、Instagramによって作られたアプリです。このアプリは、写真を使ってより好ましいコンテンツを作成するのに役立ちます。MAX10枚の写真を連続で撮影すると、Boomerangはそれらの写真をミニ映像に変換します。Instagramのサポートのおかげで、アプリから直接Instagramに投稿できます。

長所:非常に使いやすく、すぐさまInstagramに共有できます。

短所:写真をミニ映像にするためだけのアプリです。

最適:写真を魅力的な映像コンテンツに変換します。

 

20、アンカービデオメーカー

iOSおよびAndroidで利用可能。

iOSおよびAndroidで利用可能なアンカービデオメーカーは、画像・映像にBGMの様なオーディオをより望ましく挿入するのに理想的なアプリです。素晴らしい映像にBGMを追加して開始することもできます。このアプリは、オーディオファイルまたはポッドキャストをInstagram対応の映像に自動的に書き起こします。

長所:オーディオファイルを共有可能にします。

短所:自動転写ではたまにバグが発生することがあります。

最適:音声ファイルをソーシャル共有に変換します。

 

22、Hyperlapse

iOSのみで利用可能です。

Hyperlapse(ハイパーラプス)は、タイムラプス映像に最適です。このアプリはInstagramによって作られたので、Instagramのプラットフォームを意識して作成されています。多くの時間を短い映像に詰め込むことにより、Hyperlapseはフォロワーに関心が集まっている映像を作成できます。このアプリは、その驚くほどの安定化技術をもっています。

このジャンルのタイムラプス映像は、製品の製造方法を表すのに最適です。タイムラプス映像の処理が完了したら、Instagramで直接シェアできます。タイムラプスを最大12倍高速化してみることもできます。

長所:安定化テクノロジーにより、スマホの固定化が不要です。

短所:iOSのみ。素晴らしい結果を得るためには、何度か撮影を行う必要があります。

最適な用途:センスのあるタイムラプスの撮影。

 

23、Appleクリップ

iOSのみで利用可能です。

Appleユーザーならば、言わずとしれたAppleアプリです。このアプリは、Instagramの映像編集のニーズの大部分をフォローしています。クリップをつなぎ合わせて、タイムラインを編集できます。

際立って素晴らしい機能としては、背景を編集し、コンテンツに漫画の様な雰囲気を与える機能と、ライブタイトルです。映像を録画するだけで、Apple Clipsを使用すると、音声と同期した会話中にキャプションがオートマチックに追加されます。完成したら、もとへ戻ってタイトル名を編集し、タイトルが正しいことを確認します。

長所:瞬時に楽に使用できます。ライブタイトル機能。

短所:iOSのみ。

最適:瞬時に、インタラクティブに、Instagramに共有できる編集ソフトウェアを探しているAppleユーザー。

 

24、FilmoraGo

iOSおよびAndroidで利用可能。

最後になりましたが、FilmoraGoの紹介です。FilmoraGoは、編集後の映像に透かしや有料のサブスクリプションのない堅実な映像編集アプリです。音楽、トランジション、映像クリップをすべてアプリ内から追加します。テーマ、テキスト、タイトルを映像に手間なく追加できます。年間44.99ドルからの有料のデスクトップバージョンがありますが、無料のスマホアプリから多くの編集を行うことができます。

長所:ベーシックなスマホ映像編集に最適です。

短所:デスクトップバージョンほど細かい設定は出来ません。

最適な用途:テキスト、テーマ、オーバーレイを追加して動画を簡単にカスタマイズします。

 

まとめ

ここまでに紹介してきたフリーの映像編集ソフトを使用して、今すぐ素晴らしい映像の作成を開始することが出来ます。視覚的、魅力的な映像編集でものの見え方・映り方は180度変わります、少ない時間で最高のコンテンツ作成をすることで費用対効果が最大限に高まります。