Windows10向け無料映像編集フリーソフト

Windows10向けの無料画像編集ソフトを使えば、例えばYouTubeや、TwitterやFacebookなどのSNS、そしてInstagram上でプロフェッショナルな画像を使ったビデオなどのシェアを行なうこそが出来ます。ただ、どの様なフリーソフトを選べばよいかを吟味することがとても手間に思えます。そのため、ありとあらゆるユーザーの水準にバッチリなユーザビリティの高いフリーソフトをこの記事にまとめてみました。

どのような編集を求めていても、有効なマテリアルとパーフェクトな特定編集を備えている整備された映像編集エディターと思います。普通ならば有料なのが当たり前のほどの水準のソフトです、有名なソフトであれば数万円で販売されていることが珍しくありません。

ここでは、最高レベルの吟味を敢行しました。紹介する動画編集ソフトはクリップのトリミングやグリーンスクリーンフィルター、再生速度の変更などのメインに当たる編集機能を楽にさくっとチャレンジすることができます。

映像の編集作業をした経験がないユーザーは、紹介するソフトをインストールしてもらえば簡単であることが理解していただけると思います。バラエティーに富んだ理想的なソフトを提供し、映像編集のリテラシーを得ることに役立てることが出来ます。

Windows10向け無料映像編集フリーソフト

1、Lightworks
2、Hitfilm Express
3、Shotcut
4、Movie Maker Online
5、VSDCビデオエディター

 

1、Lightworks

オペレーティングシステム: Windows、macOS、Linux

・メリット ・デメリット
・様々な演出を可能にする強力な機能と効果
・様々なカスタマイズが可能なインターフェース 
・マルチトラック編集
・使いなれるまでは時間を要する 
・MPEG形式だけのエクスポート

Lightworks は、フリーのエキスパート品質の動画や映像を作製したいユーザーに適したフリーの映像編集ソフトです。あらゆるジャンルのトラック映像をサポートし、複数の動画を同時に編集できるタイプのエディターでは無いため、加工中に映像品質が低下することはありません。

Lightworksを利用すると、Final Cut Pro等々の高価格の動画編集ソフトでしか使用できない、ありとあらゆる種類の高い編集機能を使用することができます。機能の一部として、バックグラウンドで一つの画像・映像をインポートかレンダリングをする機能や映像エフェクトを瞬時にプレビューする機能も盛り込まれます。

デメリットとしては、インターフェースが想像以上にシビアであるため、Lightworksの使用の仕方をなれるまでにかなりの時間を要する事です。バラエティーに富んだ編集画面をドラッグして、無限大のレイアウトラインナップを作成し、カスタムキーでショートカットを定めて編集ジョブをハイスピード化できます。

Lightworksは、Windows・MacそしてLinuxデバイスにフリーでDLしてインストールできます。後から、改良されたエクスペリエンスにアップグレードする場合は、Lightworks Proにバージョンアップできます。このバージョンアップ版では、プロジェクトを多くの形式でエクスポートできて、3Dの傑作を制作し、YoutTubeなどに直にアップすることができます。

LightworksのHPへ移動

 

2、Hitfilm Express

オペレーティングシステム: Windows、macOS

・メリット ・デメリット
・様々な編集が可能なプロフェッショナル級のツール
・拡張が可能(有料)
・わかりやすい優れたオンラインでのチュートリアル
・高いシステム要件

上で紹介したLightworksと同じ様に、Hitfilm Expressはフリーで利用できる映像編集ソフトです、スペシャリストな編集をどなたでも利用可能を目的としています。このソフトのパッケージを利用すると、コントラストのバランスの設定、クリップのトリミング、そしてプロジェクトをさまざまな映像形式で手間なくエクスポートできます。

さらに言うと、Hitfilm Expressの機能はそれだけではないです。このフリーの映像エディターを使って、グリーンスクリーンのクロマキーを設置し、カスタム映像マスクを制作し、バラエティーに富んだ3D合成ツールを利用して映像レベルを次のステージへ引き上げる事もできます。映像編集が初心者のユーザーは少しコツを掴むまで困惑するかもしれませんが、HitFilm Expressのユーザーインターフェイスは、他の映像編集ソフトを使ったことのある方にとっては比較的簡単に使うことができると思います。

この映像エディターには、私が思うに2つの欠点があります。1つ目は、このソフトは技術的な要求が多いため動作が少し重いと思います、そのため実行するために力のあるPCまたはMacが必要です。そして、2つ目に、インストールプロセスは意外と複雑です。Hitfilm Expressソフトにアクセスするには、開発者のソーシャルメディア「FXhome」への共有を強要されます。

Hitfilm ExpressのHPへ移動

 

3、Shotcut

オペレーティングシステム: Windows、macOS、Linux

・メリット ・デメリット
・多彩なフィルターとエフェクト 
・直接ストリーミングをサポート
・メディアのインポートが簡単になります
・フィルターをプレビュー出来ません

ShotcutはLinuxでフリーの映像エディターとして考案され、何年か前からWindowsやMacでも使えるようになりました。この開発の結果、ユーザーインターフェースは少々おかしく感じられますが、Shotcutは現在でもDLできるプロフェショナルなフリーの映像編集ソフトです。

メディアファイルをドラッグ&ドロップしてプロジェクトにインポートするプロセスなど、Shotcutのシステムは直感的に使用できるように設計されています。ただし、この映像エディタは、Lumixベースで作成されていたためか、他の映像編集ソフトよりもなれるまでに時間がかかることは間違いありません。たとえば、外せないモジュールを追加してディスプレイを構成する必要があったりします。

しかし、Shotcutの使い方のコツさえつかんでしまえば、このフリーの映像エディターが多くのユーザーに使用されている理由がわかると思います。トップクラスのショットカット機能は、オーディオ及び映像コンテンツに適用できるフィルターの広範囲の選択が可能です。追加したら、フィルターをレイヤー化やカスタマイズして、求めている映像エフェクトなどを正確に実現できます。

ShotcutのHPへ移動

 

4、Movie Maker Online(ムービーメーカーオンライン)

オペレーティングシステム: Windows、macOS、Linux(ブラウザ内)

・メリット ・デメリット
・どの様なPCでも動作します
・ロイヤルティフリーのコンテンツが多い
・煩わしい広告
・なれるまでは煩わしく感じるレイアウト

Movie Maker Onlineは、ネット上のブラウザーで実行できる映像エディターです。映像を編集する為に行うことは、プロジェクトタイムラインにアップロードするだけで、クリップをトリミングしたり、フィルターやトランジションエフェクトを追加したりすることができます。

ここで紹介した他のフリーの映像エディターは、ローカルにインストールして使用するソフトですたが、ブラウザで映像編集ができるハイレベルなツールです。

Webエディターのビッグな利点は、どのようなPCデバイスからでもアクセスすることができる事であり、コンテンツの保存につきましては考慮する必要がありません。もう1つのビッグな利点は、コンピューターの性能が重要ではなく、低スペックなPCでも、映像編集の動作がすべてクラウド内で行われているため、Web映像エディターを使用する場合、ハードウェアのスペックはさほど重要ではないということです。

映像やムービーを音楽または静止画で強化したい場合は、Movie Maker Onlineを使用すると、クリックするだけでプロジェクトのタイムラインに挿入することができるロイヤリティフリーの様々な画像アーカイブを使用することが出来ます。

Movie Maker Online(ムービーメーカーオンライン)のHPへ移動

 

5、VSDCビデオエディター

オペレーティングシステム: Windows

・メリット ・デメリット
・手ブレ防止技術
・マルチモニターのサポート
・ハードウェアアクセラレーションなし
・解像度の制限

VSDCビデオエディターは、昔からある映像編集ソフトですが、以前は使いづらい低評価のフリー映像編集ソフトとして知られていましたが、現在の最新版では、新鮮な感じるテーマと2つの映像をそれぞれのウィンドウを切り離す機能を備えている改良されたインターフェースを実装しており、幾つかのモニターでの編集に望ましいと言えます。

上記で紹介したLightworksと同様に、VSDCは、より高額な映像編集プログラムと競合できるノンリニア映像編集ソフトです。フリー版とアッパーグレード版の両方があり、フリーのユーザーが定期購入するためのプロンプトはちょっとしかありません。唯一の問題点としては、フリーのバリアントにはいくつものカラークロマキーツールがなく、1080p以上の解像度には活用できない事です。

VSDCは、アニメーション、スプライト、トランジション、透かし、ブレンド、オーバーレイ、マスキングなど、多彩なユーザビリティの高い映像編集機能をアシストしています。もう1つの素晴らしい機能はフリーの映像手ブレ補正システムです。これは、スマホなどでキャプチャされたアンバランスになったクリップの品質を改善することが求められる場合にこの機能を利用することが理想的です。

VSDCビデオエディターのHPへ移動

映像編集ソフトを選択する時は何を基準にすれば良いですか?

どの様な映像編集をするかによって異なってきますが、言えることとしては値段はさほど重要ではありません。フリーのソフトで多くの映像編集が可能なので、手始めにフリーソフトを使って見ることが良いと思います。

まず最初に考えるべき事は、どの様な動画を作ろうと思っているかを考えます。TVで見る様なホームビデオを瞬時に編集するソフトが必要であることと、ショートムービーや映画の配信用などに映像を編集することには、全然違う機能が必要です。

ソフトがエクスポートできる形式、出力に必要な品質のレベルがHDなのか4Kなのか、さらに活用したいジャンルの視覚効果を使おうとしているソフトが提供できているかどうかを熟慮することが必要です。仲間同士で作業を行う場合には、同じソフトを友達と共有もしくは互換性がある必要があります。

そしてあなたもの能力も考慮する必要があります。あなたは他の動画編集ソフトを使った経験がありますか?、それとも1から作業を一歩一歩進めるシンプルなソフトがより必要でしょうか?すべての映像品質を完全に網羅したソフトが必要ですか?それともPCに作業のほとんどを行わせたいですか?

あなたが出来る事が多ければ多いほど、必要な機能が多く備わったソフトが必要ですし、これから始める場合はそれほどの機能を必要とはしないところから始める必要があると思います。これから映像制作活動を始めるとする方は、今回紹介した映像編集ソフトを使って手始めに軽く練習程度に編集をしてみてはいかがでしょうか?

類似した記事

1、24の動画編集ソフト無料で使えるフリーソフトを厳選