画像編集フリーソフト10-最高の無料写真加工ソフト

効果的なフリーの映像エディターは、画像の変換(色の修正、傷の消去など)を行ったり、Web上で印刷あるいはシェアする事を可能とします。

当記事では優秀なフリーの画像編集を試してみてランクを付けましたので、高級な編集ソフトに投資することなく、画像をパーフェクトに完成させる事ができます。ハイレベルな編集のためのPhotoshopの代替ソフトを探している方でも、ワンクリックで画像を最適化する簡潔なツールを探している方でも、ユーザーの要望に必要条件を満たしたツールを提案することを心がけました。

フリーの画像編集ソフトのほとんどは、サブスクリプションにお金を支払ったり、エクスポートした写真に透かしが入ったりと、極めて限定的なツールしか提供していませんが、ここで紹介するツールにはそのような制限はありません。どれを選んでも、ユーザーの要望に反した隠された落とし穴がないツールを探してきました。

画像編集フリーソフト10-

1、GIMP
2、Ashampoo Photo Optimizer 2019
3、Canva(カンヴァ)
4、Fotor
5、Photo Pos Pro
6、Paint.NET
7、PhotoScape
8、Pixlr X
9、Adobe Photoshop Express Editor
10、PiZap

 

1、GIMP

プラットフォーム: Windows、macOS、Linux | レイヤー:はい| エクスポート形式: 40以上

・メリット ・デメリット
・Photoshopレベルの高度な編集ツール
・クロスプラットフォームのサポート
・広告なし
・出来ることが多すぎてなれるまでに時間を要する

GIMP(GNU画像操作プログラム)は、スペシャルなフリー画像編集ソフトです。ハイグレードなソフトでしか使えないような写真加工ツールがたくさん入っており、毎日さらなるツールが追加されていきます。

画像編集ツールはハッとするほどキレイで、レイヤー、マスク、カーブ、レベルを実装しています。ハイレベルなクローンスタンプや修復ツールを使用して、楽に欠点を排除して、カスタムブラシを生成し、遠近法の変換を利用し、スマート選択ツールを使用して全く新しい画像に仕上げることができます。

GIMPはオープンソースのフリーの画像エディタであり、利用者と開発者のコ??ミュニティは、GIMPのユーティリティをさらに拡充するためのプラグインを作り上げています。プラグインの多くは最初からインストールされており、公式用語集からさらにDLすることができます。ユーザーのやりたいことがプラグインで出来ない場合は、Photoshopプラグインをインストールすることなでできます。

GIMPのHPへ移動

 

2、Ashampoo Photo Optimizer 2019

プラットフォーム: Windows | レイヤー:いいえ| エクスポート形式: JPG、PNG、BMP、TIF

・メリット ・デメリット
・ワンクリックで最適化
・細かい手動での制御
・美しいインターフェース
・自動最適化は思い通りに行わない場合があります

急ぎで編集する必要のある画像が多くある際に、Ashampoo Photo Optimizer 2019が最も適しています。インターフェースはスッキリととりまとめられており、広告が一切ありません(ただし、使う前にメールアドレスを登録する必要があります)。

写真のインポートはとても楽で、プールに追加された写真は、一回で複数枚をチョイスして回転やミラーリングが出来ますから、大切な時間をカットできます。また、ソフトのワンクリックで最適化するツールを利用して、各々の画像をチョイスして補正する事もできます。
※私は風景画でテストをしましたが、うまくいきました。思い通りにいくときと行かないときがありました。

手作業で色と表示を補正したい場合は、6個のスライダーを活用して思い通りに調整できます。同じ色の変更をいっぺんに写真全体に応用することができないのは残念ですが、それ以外の点では、迅速に修正できるハイレベルなフリーの画像エディタだとお思います。

よりハイレベルな編集については、さらに進化した最適化ツールを完備しているソフトのプレミアムバージョンであるAshampoo Photo Optimizer 7を確認してみてください。

Ashampoo Photo Optimizer 2019のHPへ移動

 

3、Canva

プラットフォーム: Windows、macOS、Linux(ブラウザー内); Android、iOS、iPadOS(モバイルアプリ)| レイヤー:いいえ| エクスポート形式: JPG、PNG、PDF

・メリット ・デメリット
・多くのテンプレート
・無料のクラウドストレージが含まれています
・利用可能なスマホアプリ
・細かい編集ツールはありません

Canvaはオンラインのブラウザーで行われる写真エディターで、お好みのスナップをカード、ポスター、招待状、ソーシャルメディアなどに投稿するための加工をするのに最適です。ハイセンスなオンラインプレゼンを求めている方には完璧なツールです。

Canvaにはフリーと有料の2つがありますが、フリーレベルは一般的な画像加工を必要とする方に最適です。メールアドレスで送信するだけで、スナップとデザイン用の無料1 GBクラウドストレージや8,000以上のテンプレートを使って編集することが出来て、2つのフォルダを使って写真を整理することが出来ます。

Canvaはクローンブラシやスマートセレクターなどのハイレベルなツールはありませんが、ティント、ビネット効果、シャープネス、明るさ、彩度、コントラストなどを編集するための便利なスライダーがあります。テキスト編集ツールは直感的に使用することが出来て、デザインをまとめ上げるための背景やそれ以外のグラフィックの変更をするための豊富なテンプレートが用意されています。

Canva(カンヴァ)のHPへ移動

 

4、Fotor

プラットフォーム: Windows、macOS、Linux(ブラウザー内)| レイヤー:いいえ| エクスポート形式: JPG、PNG、PDF

・メリット ・デメリット
・最高レベルのフィルター
・バッチ画像の処理
・高解像度のエクスポートオプション
・プラグインなし

Fotorはフリーの画像エディターで、画像を瞬時にブーストするのに最も適しています。ただし、クローンブラシや修復ツールを利用して行うことが求められるレタッチの決まった領域がある場合はFotorは使えません。ユーザーのやりたいことが単純な場合は、ハイエンドフィルターがとても役立ちます。

ティルトシフトツールや、ヴィンテージのカラフルな色の調整があり、そのすべてFotorの鮮やかなメニューシステムで一括編集することができます。独自のシステムでカーブやコントラスト調整を手動で変更することもできますが、ハイエンドツールの様な複雑な操作は出来ません。

Fotorの突出した機能であり、多くのフリーの画像編集ツールに欠けている機能として、バッチ処理ツールがあげられます?いくつもの画像をフィードすると、いくつもの画像をいっぺんにフィルターにかける事ができます。

FotorのHPへ移動

 

5、Photo Pos Pro

プラットフォーム: Windows | レイヤー:はい| エクスポート形式: 15以上

・メリット ・デメリット
・シンプルなインターフェース
・初心者モードと詳細モード
・限られたファイルのエクスポート解像度
・クロスプラットフォームではない

Photo Pos ProはPaint.netやGIMPほど有名ではありませんが、ハイレベルな画像処理ツールが充実されたトップレベルのフリー画像エディターです。

このフリーの画像エディターのインターフェイスは、使う人のことを考えて作られているため一貫した配置に設定されています、そのためGIMPのメニューやツールバーよりもわかりやすく操作しやすくなっています。それでも使わないツールが多すぎる場合は、Fotorの「初心者モード」を使用するとレイアウトがよりシンプルになり、わかりやすくなります。

「エキスパート」レイアウトには、ハイレベルな編集のためのレイヤーとレイヤーマスクの両方、さらにカーブとレベルを手作業で調整するためのツールが設けられています。メインメニューからワンクリックフィルターを行うことが出来ますが、Photo Pos Proは細かい編集を得意としています。

Photo Pos Proのフリーバージョンでは最大1,024 x 1,024ピクセルでしかエクスポートすることができないです。Web上で写真を共有する場合は問題ないのですが、印刷したい場合は、ファイルの制限がかかってしまいます。

Photo Pos ProのHPへ移動

 

6、Paint.NET

プラットフォーム: Windows | レイヤー:はい| エクスポート形式: 10以上

・メリット ・デメリット
・レイヤーとフィルター
・充実されたプラグイン
・GIMPより少ないオプション
・使用OSがWindowsのみ

出来る事が増えればそれだけ操作が多くなります。Paint.NETは、GIMPのような充実したツールはありませんが、出来ることが制限されることでその使いやすさがセールスポイントとなります。そのため瞬時に楽に操作できるフリーの画像エディターです。

ツールを制限されているとはいえ、Microsoftのペイントソフトの様な単なるソフトではありません。必要であろうポイントは抑えているツールです。

Paint.NETのインターフェースは、何年にもわたり培われてきた、レイヤー、元に戻す、履歴、大量のフィルター、いくつものネットワークによって作られたプラグイン、シャープな3D回転/ズーム機能といったハイレベルな編集ツールを追加して来たのです。写真の再構成に便利です。

Paint.NETのHPへ移動

 

7、PhotoScape

プラットフォーム: Windows | レイヤー:いいえ| エクスポート形式: JPG、PNG、TIF、BMP、GIF

・メリット ・デメリット
・生ファイル変換
・豊富なフィルター
・異常なインターフェース
・Googleドライブアプリにバンドル

PhotoScapeは非常にシンプルなフリーの写真エディターのように思われるかもしれませんが、その機能は、生写真の変換、画像の分割とマージ、アニメーションGIFの制作、そしてかなりレアな機能が準備されています。罫線入り、グラフ、楽譜用紙を印刷可能な機能まで備わっています。

PhotoScapeのインターフェイスは、当記事で紹介したソフトの中で最も不思議な構成です。Photoshopはを機能も少なく間違いなく初心者向けのツールとして開発されたものと考えられます。

PhotoScapeは疑う余地もなく初心者向けの写真編集ツールですが、とはいえ希望通りの成果を得られないわけではありません。PhotoScapeのフィルターは非常にハイレベルなものであるため、瞬時にレベルを調整したり、シャープにしたり、マイルドなフィルターを画像に加えたりすることが必要である場合にとても適しています。

PhotoScapeの詳細ページへ移動


8、Pixlr X

プラットフォーム: Windows、macOS、Linux(ブラウザー内)| レイヤー:いいえ| エクスポート形式: JPG、PNG

・メリット ・デメリット
・FlashではなくHTML5を使用
・スタイリッシュなデザイン
・Pixlr Editorよりも劣る
・最大画像サイズ3,840ピクセル

Pixlr Xは、長年ユーザーの心を虜にし続けたフリーのオンライン画像エディターで、Pixlr Editorの後継品です。

Pixlr Xは、Pixlr Editorに何種類かの改善を加えています。FlashではなくHTML5をベースにしています、それはいかなる現代のブラウザでも活用出来ること意味しています。また、Photoshop Expressをイメージさせるインターフェイスと、暗い色あるいは明るい色の配色をチョイスできる、改善されたデザインです。

Pixlr Xを利用すると、色や彩度を細かく変えたり、写真をシャープにしたりぼかしたり、ビネット効果やフレームを使用したり、いくつもの写真を組合わせたり出来ます。また、いくつものフリーのオンライン画像編集ツールには見受けられないレイヤーのサポートや、ペイントや描画のためのバラエティーに富んだツールがあります。ハイレベルなタスクにも適しています。

Pixlr XのHPへ移動

 

9、Adobe Photoshop Express Editor

プラットフォーム: Windows、macOS、Linux(ブラウザー内)| レイヤー:いいえ| エクスポート形式: JPGのみ

・メリット ・デメリット
・高度なフィルター
・スタイリッシュなデザイン
・フラッシュが必要
・JPG形式のみをサポート

その名が示すように、Adobe Photoshop Express Editorは、Adobeの世界を引っ張る画像編集ソフトの簡略化たブラウザーベースのバージョンです。驚くことに、DL可能なPhotoshop Expressソフトよりもいろんなツールキットを実装していますが、16MB以内のJPG形式の写真しかサポートしていません。

これはFlashベースのソフトですが、アドビはありとあらゆるプラットフォームにユーザビリティの高いスマホアプリを取扱っているため、スマートフォンやタブレットしか使わないユーザーも活用することが出来ます。

このフリーのオンライン写真エディターには、Adobeに希望するすべての機能を備えてはいませんが、すべての機能が100パーセント研ぎ澄まされています。唯一の欠点としては、アップロードされるファイルのサイズとタイプの制限、およびレイヤーのサポートが欠落していることです。

Adobe Photoshop Express EditorのHPへ移動

 

10、PiZap

プラットフォーム: Windows、macOS、Linux(ブラウザー内)| レイヤー:いいえ| エクスポート形式: JPG、PNG

・メリット ・デメリット
・ストック画像を提供します
・ソーシャルメディアのテンプレート
・ペイウォールの背後にあるいくつかのツール
・最大解像度1,310 x 737ピクセル

フリーのオンライン写真エディターPiZapは、HTML5版とFlash版の両者に利用でき、ありとあらゆるデバイスにマッチしています。ハードドライブ、Facebook、Googleフォト、Googleドライブ、またはストック写真のカタログから画像を操作することができます。多彩な選択肢が用意されていますが、限られたストック写真はプレミアム会員のみが利用でき、Google画像からじかに画像を利用する場合は著作権の問題に気をつけることが不可欠です。

piZapの編集インターフェイスは暗くてモダンなデザインで、スライダーを多用して瞬時に設定できます。タッチスクリーンデバイスを使っている時は、トリッキーなアイコンやドロップダウンメニューよりも比べ物にならないほどハイレベルなシステムです。

完成したら、全部の代表的なソーシャルメディアネットワークだけでなく、piZap独自のサーバー、Dropbox、Googleドライブで製作品をシェアできます。または、ハードドライブに保存したり、メールやLINEで送信したり、埋め込みコードを取得したりできます。プレミアムエディター用のウォレットを展開している時にのみ、ハイクオリティで製作品をエクスポート可能ですが、ソーシャルメディアでシェアする場合はハイクオリティではありません。

PiZapのHPへ移動