無料ウィルス対策ソフト-フリ-のアンチウイルスソフト5選

有料のプレミアムサービスを支払えば、スパムフィルター、ペアレンタルコントロール、システムスキャン、ハイレベルなファイアウォールといった機能を使用できるようになるでしょう。その為、ハードユーザー、セキュリティーをちょっと強めたいユーザー、システムを積極的にスムーズに実行することが絶対条件であるユーザーに向いています。

また、フルバージョンにバージョンアップしようとする邪魔なポップアップを避ける事もできます。

しかし現状では、おおかたの主要ベンダーがフリーのアンチウイルスを扱っているため、ハイレベルなアンチウイルスソフトを100パーセントフリーで手に入れることができます。そうすることにより、考案者は利用者のデータを集められ、より多くの対策を作ることが出来る、そのため知識とセキュリティプラットフォームを改善することが可能なため、フリーのバージョンによって提供される保護対策の量を減少させる事は実際には重要な意味を持っています。

Windowsはセキュリティーの面で長時間研究をされてきましたが、Windows 10の組み入れソリューションであるWindows Defenderが、システムをウィルスからPCのを守るために信用すべきファイナルフリーアンチウイルスソフトであると言っても言い過ぎではありません。

フリーのアンチウイルスソフトをインストールする場合は、以下のトップクラスのセキュリティソフトを採用する事をお勧めします。当記事ではユーザーのニーズにもっとも条件の良いタイプのアンチウイルスソフトをお手伝いいたします。機能と欠点に焦点を当てて紹介いたします。

無料ウィルス対策ソフト

1、Bitdefender Antivirus Free Edition
2、アバスト無料アンチウイルス
3、Sophos Home
4、Kaspersky Free
5、Avira無料アンチウイルス

 

1、Bitdefender Antivirus Free Edition

・メリット ・デメリット
・高速スキャン
・優れたウイルス検出
・ヘビーユーザーにとっては物足りなさを感じるかもしれません
・スキャンをスケジューリングできません

基本として、完全品のアンチウイルスソフト、Bitdefender Antivirus Free Editionの美しく軽くてすばらしく構成されたスキャンシステム(どの様なPC環境でも平均より高速)で構築されており、他に類のない独自のウイルス定義により、Bitdefenderはフリーのアンチウイルスソフトではトップだと思います。

オートマティック操縦モードでの実行に対するフリー版のエントリーは2つの利点があり、ウイルス管理のプロセスを簡単にし、かつユーザーの手からウィルスに対しての操作の手間をソフトが自動で行ってくれます。昔、Panda AntivirusがWindowsにとってウイルスであると認識してしまい、いくつものWindowsシステムが不能になってしまった何年か前の事例ありましたが、現在では過去の話としてそのようなことは起こらないでしょう。

Bitdefender Antivirus Free EditionのHPへ移動

 

2、アバスト無料アンチウイルス

オペレーティングシステム: Windows、Mac、Android | バージョン: 17 | 機能:ウイルス検出、ゲームモード、パスワードマネージャー、マルウェアスキャナー

・メリット ・デメリット
・軽い動作
・優れたウイルス保護
・プライバシー設定がわかりにくい
・有償コンポーネントへのリンクが含まれています

アバストは買収されましたが、まだ100パーセント統合されてはいません。新たな形で統合された事業所は、2つのフリーのウイルス対策ソフトは異なるものであると述べていますが、近い将来共同アンチウイルスソフト登場する予定です。その様な背景もあり、ユーザー数は驚くべき4億人という驚異のダウンロード数で一人一人のPCデータから得られるデータによる対策は信頼に値するプログラムと言えます。

アバストフリーアンチウイルスの最新版では、ポップアップを消すオートゲームモードが付け加えられ、プロセッサをたくさん使う動作を稼動させているときにシステムのストレスが減少されます。パスワードマネージャーもあり、セキュリティに対してとても良いアンチウイルスソフトと言えます。

AV-TESTのワイドなマルウェアベンチマークで高評価のスコアを取得し、0日間のアタックを対象にしたクリーンスイープを連続します。進化された検出ネットワークが現実の上で役に立っています。デメリットとしては、アバスト起動時に出てくる、ポップアップ広告が多いのが気になります。

アバスト無料アンチウイルスのHPへ移動

 

3、Sophos Home

オペレーティングシステム: Windows、Mac | バージョン: 17 | 機能:ウイルス検出、フィッシング保護、ペアレンタルコントロール、最大10台のPCを保護

・メリット ・デメリット
・シンプル
・保護されたデバイスの優れたクラウドベースの制御
・スキャンスケジューリングなし
・上級ユーザー向けの制限されたコントロール

Sophos Homeは「ビジネスグレードのセキュリティ」というアンチウイルスをターゲットとしているが、現実的にはファミリー向けのアンチウイルスソフトとして適しています。

スタンダードなウイルス対策とマルウェア対策のほか、フィッシング対策などのブラウザツール、そして重要度が最も高い機能としてはコンテンツコントロールを使用できます。最高10台のパソコンの一括管理を組み合わせる事で、お子さんのインターネットのアクセス制限を理想的にロックダウン可能であることを示します。

AV-TESTはソフォスのスキルを公式には格付けしていませんが、これ以外のラボのAV-Comparativesはそのアビリティーについて健全な評価を提示しています。

Sophos HomeのHPへ移動

 

4、Kaspersky Free

オペレーティングシステム: Windows | バージョン: 18.0.0.405 | 機能:リアルタイムスキャン、アンチフィッシング、メールスキャン、スパイウェア保護

・メリット ・デメリット
・正確で信頼できるウイルス対策エンジン
・使いやすい
・基本のみの機能セット
・限定的なテクニカルサポート

Kaspersky FreeのWindowsセキュリティソフトウェアのプレミアムバージョンは、スペシャルなウイルス防止ソリューションは多くのユーザーに支持されたアンチウイルスソフトです。

Kaspersky Freeはパーフェクトなプログラムのミニマム版です。フリー版には、プライバシー保護やセーフティーな支払いサンドボックスなどの追加機能が実装されており、飾り気の無いパワフルな機能に集中しています。最高に重要なのは、パソコンのフリー保護機能です。極めて取り扱いが簡単で、ウイルスからの保護を効率的に続けるプログラムをお手伝いします。

Kaspersky FreeのHPへ移動

 

5、Avira無料アンチウイルス

オペレーティングシステム: Windows、Mac、Android、iOS | バージョン: 2018 | 機能:ウイルス検出、フィッシング保護、ビルトインVPN、システム最適化ツール

・メリット ・デメリット
・システムパフォーマンスへの影響はほとんどありません
・優れた検出率
・インストーラーは他のAvira製品を宣伝します
・実行中のたくさんのポップアップ

Avira Free Antivirus for Windowsは、AV-TESTの徹底したテストプログラムで留まることなくハイスコアのパフォーマンスを記録し、テストを終えた結果、驚きの99.7%の悪質なプログラムを打ち消しました。悪質なプログラムがPCに入ってしまうと余計な負担がPCにかかってしまいますが、このアンチウイルスソフトを入れることにより、ハードウェアに余計な負担がかかりません。

クリーンでシンプルなインターフェイスで、2018年にインターフェイスのデザインがリニューアルされ、誤検知が最低限度に軽減できます。オプションとして並行して実行できるフリーのセキュリティスイートの導入?ランサムウェアとフィッシング保護、500MB /月のVPN、更に多くのハイスピード化を約束します。これは2018年のトップクラスのフリーアンチウイルスソフトのひとつです。

Avira無料アンチウイルスは、市場シェアのトップに入れなかった理由としてはポップアップ広告による、絶え間ないバッジリングだと考えられます。フリーの製品でポップアップ広告が出るのは仕方のないことですが、許容されるレベルの限界を超えてポップアップ広告が出てくると流石に評価が落ちてしまう結果、市場シェアのトップに入れなかったのだと思います。しかし、アンチウイルスソフトとしての機能は本物なので、広告が不快に思わないのであれば良いアンチウイルスソフトだと言えます。

Avira無料アンチウイルスのHPへ移動