無料Word-2020Windows10無料のWordフリーソフト5選

賢明なフリーのWordソフトにより、日頃のオペレーションがよりスピーディで、より楽になります。そんな無料Wordフリーソフトを、現在使用できるトップクラスのものを記載しました。

スプレッドシートツールやスライドショーだったら作成する為の方法が無くても世の中にありとあらゆる方法があるため、なんとか管理できるかも知れませんが、テキストドキュメントは管理すつ方法が少ないです。ただし、Wordソフトに関しても、Microsoft Officeを選ぶ以外にも無料Wordソフトが存在します。

今回は、Offラインで利用することができる極めてハイレベルな無料Wordソフトに焦点を当てています。また、オンラインで書き込みを行なうかどうかを熟慮する為の、ハイレベルなブラウザベースのツールもいくつか紹介いたします。

Googleドキュメントをイメージしていただければわかりやすいと思いますが、オペレーションがオートマチックに保存されるため、パソコンの調子が悪い場合などでも心配する必要はございません。また、シェアする作業にも好都合なため、別のクラウドストレージサービスに作業をアップロードする必要がありません。ただし、テンプレートのチョイスに縛りがあり、他のGoogleアプリケーションからコンテンツをインポートする手法はありません。また、オンラインツールは重要な秘密文書がネット上に上がってしまうため危険と言わざるを得ません。

無料Wordフリーソフト

1、WPS Office Free Writer
2、LibreOffice Writer
3、FocusWriter
4、SoftMaker FreeOffice TextMaker
5、WriteMonkey

 

1、WPS Office Free Writer

オペレーティングシステム: Windows、macOS、Linux

・メリット ・デメリット
・Wordと似たインターフェイス
・優れたファイル形式のサポート
・無料のクラウドストレージ
・いくつかの広告が含まれています

Microsoft WordのNEWバージョンを利用している際、WPS Office Freeの無料Wordソフトに変更したとしても、使い勝手がほとんど変わらないため違和感なく使えます。

この無料Wordソフトの外観と動作は有料のアッパーグレード版とほとんど同一であり、OneDriveと五分五分の機能を備え、1 GBのフリークラウドストレージを使えるようになってます。

予めインストールされているテンプレートの選択によって、メジャーなドキュメントタイプに必要なありとあらゆる機能が実装されており、カスタムタスク用にオリジナルなテンプレートを楽に作成出来ます。ファイル形式に関しては、昔のOffice 97から現在のMicrosoft Wordのバージョンとレガシーバージョンを含め、想定できるありとあらゆるファイル形式との互換性があります。

WPS Office Writerは個別の広告が表示されます。アッパーグレードバージョンにバージョンアップしておきさえすれば広告は削除可能ですが、実際の広告はほとんど目立たず、ペイウォールの後ろ側にロックしている機能は無いでしょう。全体を通して、WPSの無料Wordソフトはかなり直感的であり、思い当たる無料Wordソフトの中でナンバーワンのものだと思います。

WPS Office Free WriterのHPへ移動

 

2、LibreOffice Writer

オペレーティングシステム: Windows、macOS、Linux

・メリット ・デメリット
・豊富なフォーマット互換性
・豊富なドキュメントテンプレートギャラリー
・無数のプラグインのサポート
・広告なし
なし

LibreOfficeはApache OpenOfficeの姉妹ソフトであり、2つはかなり似通った無料Wordソフトを用意してますが、LibreOfficeのほうが盛んに更新され、とても活動的な利用者を意識したマインドを持っているます。

無料WordプロセッサであるWriterは、Microsoft Office Wordの多機能搭載のアナログベースで構成されている、テキストを基軸に作られた作業に必要不可欠な全ての機能がインストールされています。

Writerの2つのタイプには、請求書や手紙などのメジャーなドキュメントタイプ用のウィザードとテンプレートがセットにされていて、よく使用するための独自のテンプレートをカンタンに作る事もできます。無料Wordプロセッサは、他のWordソフトとも連携することが出来ます。

どちらの無料Wordプロセッサも、メジャーなファイル形式はすべてサポートしており、追加のソフトを要することなくドキュメントをPDFにエクスポートすることもできます。Microsoft Office Wordに代わる無料Wordプロセッサをサーチしている場合は、上記2つのうちいずれかがもっともMicrosoft Officeに似たソフトとしてお勧めです。

LibreOffice WriterのHPへ移動

 

3、FocusWriter

オペレーティングシステム: Windows、macOS、Linux

・メリット ・デメリット
・タイマーとアラーム
・自動保存機能
・編集にはあまり適してはない

書式設定を意識せずにフレーズを書き込みたい場合、Windowsに導入されているメモ帳ソフトを利用するだけで済みますが、FocusWriterは、ひたすらシンプルで他のことが気になる事なく生産効率を極大化するのに効果を発揮するスマートなソフトです。

名称が現すように、FocusWriterはあらゆるポップアップなどを防御するので、貴重な最初の草稿にパーフェクトな集中力を注ぐことができます。従来の利用では、表示されるのは白紙のページだけです。ツールバーは、マウスポインターをディスプレイの端に移動した時にのみ示されますが、フォーカステキストにはキラー機能があり、現在の段落又は文以外の全てを背景にフェードインします。

FocusWriterは、指定した時間、または予め設定しておいた単語数に達したときに起動するアラートも備えているため、Microsoft Office Wordのようにカウンターを意識することは必要ありません。この機能は文字数指定を受けたライターさんなどにとってはとても便利な機能ではないでしょうか?。

この無料ソフトは編集にはあまり機能しませんが、生産効率の点で考えるとFocusWriterほど優れたものはありません。

FocusWriterのHPへ移動

 

4、SoftMaker FreeOffice TextMaker

オペレーティングシステム: Windows、Mac、Linux

・メリット ・デメリット
・EPUB形式にエクスポートできます
・シートごとに複数のページを印刷します
・パスワードで保護されたファイルを開く
・DOCXファイルをサポートしていません

SoftMaker FreeOfficeのワープロベースになるものであるTextMakerは外観が魅力的で、文章やこれ以外の日頃の文書作成をする為のユーザビリティの高いテンプレートが複数セットされています。この無料Wordソフトは書き込んだデータをTMV形式で保存することも出来ます。

ハイレベルな書式設定オプション、スタンダードな文書や脚注などを管理する時に使用するデータベースの構築する機能、共同プロジェクトへの変更を跡追いする機能など、新しい無料Wordソフトに入っていてほしいありとあらゆる機能が入っています。

TextMakerは無料Wordソフトとして優秀ですが、データをDOCX形式で保存することが出来ません。DOCXデータで保存したい場合はSoftMaker Officeのハイグレード版にアップグレードしなければなりません。

SoftMaker FreeOffice TextMakerのHPへ移動

 

5、WriteMonkey

オペレーティングシステム: Windows

・メリット ・デメリット
・邪魔にならないインターフェース
・マークアップをサポート
・便利なキーボードショートカット
・TXTファイルでのみ機能します

WriteMonkeyは、修正やフォーマットなど出力を最大値化出来る様に製作された、シンプルな無料Wordソフトです。これは、一般的な文章などのドキュメントに限定したものではないのですが、ディスプレイに思いついたアイデンティティーを書き込むのに最も適しています。

とても一般的なテキスト形式Microsoft Officeで保存されるDOCやDOCXなどの互換性はありません。WriteMonkeyはTXTファイルのみを取り扱うため無料Wordソフトです。

メモ帳ソフトに求めているもののイメージが湧きにくい方もいるとは思いますが、その右クリックメニューや充実したキーボードショートカットのコレクションは、ツールバーベースのメモ帳の代替と考えた時にWriteMonkeyの方が迅速でスピーディに使用できます。

また、手動でブラウザーワインダーを開かずに、Wikiや、Google画像などの豊富なフレーズを探し出すことができる事もメリットです。

WriteMonkeyは無料Wordポータブルソフトなので、インストールは不要です。DLしたWriteMonkey.exeファイルをダブルクリックして起動します。

WriteMonkeyのHPへ移動