パワーポイント無料-2020無料プレゼンソフトPowerPointの代替えフリーソフト5選

PCを購入する時に最近のPCにはWindows Officeが入っていないPCが多く、基本的なソフトが入っていないことが多いように感じます。パワーポイントは見る人の意識を集中させるのにベストな方法だと考えます。ビジュアルやストレスのないアニメーションにウェートを置き、見る人が理解しやすいプレゼン資料を作ることが最善の方法ではないでしょうか?ここでは、ユーザーの独自性を開放し、際立つプレゼンテーションを制作するのに力を発揮するフリーのプレゼンテーションソフトを選ぶ事が出来る無料パワーポイントソフトを紹介します。

Microsoft PowerPointはハイレベルなプレゼンテーションを可能にすることを目標にした世界のベーシック的なソフトですが、値段の面で考えると決してお買得ではありません。惜しくも、金額が割高なため、予算が制限されているユーザーにとっては手を出しにくいです。ところが、パーフェクトなプレゼンテーションをデザインの為に利用できる多彩でハイレベルな代わりのフリーソフトが使用できます。

どの様なプレゼンソフトを選べばよいかわからない場合、理想的なフリーのプレゼンテーションソフトを選ぶのに時間が必要なことも想定されます。そこで、今日使えるスペシャルなフリープレゼンソフトを5つ選びました。

無料PowerPoint代替えソフト

1、Prezi
2、Canva
3、LibreOffice
4、Googleスライド
5、WPS Office Free

 

1、Prezi

・メリット ・デメリット
・アニメーションのプレゼンテーション
・デザインが使いやすい
・共同編集が可能
・OfficeのPowerPointでなれている場合は試行錯誤が必要

Preziは、通常アプローチをプレゼンテーションに変えます。制作のイメージとしては従来のスライドの度にスライドを制作する代わりに、Preziは1つの大きなキャンバスを使って作り上げるイメージの作り方です。テキストや画像のブロックを加えたり、ミニチュアスライドを作ったりすることができます。プレゼン中、キャンバスをシームレスに動き回らせたり、ズームインして個々のコンテンツを集中して見せることができます。

Preziがどの程度複雑であるかは、プラットフォームを利用すればすぐに理解できます。Microsoft Office Powerpointとの違いは、キャンバスの特定の部分からから別の特定の部分にアニメーションパスを付与させることが求められることです。この手間に関しては、アニメーションや映像編集ソフトを使用したことがあるユーザーであれば容易に理解できると思います。

当然、Preziのプレゼン構造が必ず望ましいとは断定できません。Preziを利用すると、財務状況といった構造化データをビジュアル化するのが困難になり、ビジネスソフトでの利用が厳しくなるかもしれません。限定的なエンドユーザーは、プレゼンテーションソフトにオリジナルなフライアラウンドアニメーションスタイルが把握できていないと難しいこともあり得ます。

PreziのHPへ移動

 

2、Canva

・メリット ・デメリット
・利用可能な無料レイアウト
・検索可能な画像ライブラリ
・シームレスなオンライン共有
・PowerPoint互換ではない

Canvaは、Webブラウザーで瞬時にプレゼンを行なうのに最高の手法です。このソフトには、スライドショーをはじめるのに力を発揮するフリーのレイアウトが複数準備されており、必要に合わせてテンプレートを楽にカスタマイズ出来ます。プレゼンにプラスするコンテンツ要素自体はたくさんありませんが、Canvaは、ミリオン以上の写真を利用できる検索できるライブラリでコンテンツ要素を補てんします。

CanvaプレゼンはWeb上で作業できるため、シェア作業が極めて楽にできます。仲間を招待してスライドショーを再構成するか、制作したプレゼンをシームレスにシェアできます。ただし、CanvaはMicrosoft Powerpointからプレゼンをインポートしたり、完成させた操作をPowerpointで編集できる形式にエクスポートしたり出来ないことがデメリットとして挙げられます。

CanvaのHPへ移動

 

3、LibreOffice

・メリット ・デメリット
・Powerpointのほとんどの機能
・Keynote for Macで動作します
・何百もの無料テンプレート
・組み込みのコラボレーションツールはありません

LibreOfficeはMicrosoft Officeのフリーの代替ソフトであり、だいたい変わらない機能を完備しているImpressと称される同様のパワーポイントが混合されています。唯一の違いとしては、2つのスライドショー作成ツールが、LibreOfficeには、導入されているコラボレーションやMicrosoft OneDriveとの総合といったいくつかの新しい機能が一切無いところです。

しかし、Impressにはオリジナルなメリットが複数存在しています。このソフトは、MacPCのデフォルトのプレゼンソフトであるKeynoteからファイルをインポートができます。そして、フリーでDLできる数百のフリーのテンプレートがあります。更に、Impressで利用できるフォントに制限はないため、Powerpointで既存の認可されているものからプレゼンのスタイルを楽に張り替えできます。

トータルで、LibreOffice Impressは、Microsoft Powerpointをフリーで複製するのとほとんど同一です。

LibreOfficeのHPへ移動

 

4、Googleスライド

・メリット ・デメリット
・新しいテンプレートのインポートをサポート
・コラボレーションのための組み込みチャット 
・リハーサル用のプレゼンテーションモード
・最初のテンプレートの選択は制限されています

GoogleスライドはGoogleのG Suiteに含まれるものであり、Powerpointの仕様をうまくセッティングする事が出来ます。このフリーのプレゼンソフトは、映像の挿入、挿図の制作、スライドへのアニメーションの追加もサポートしています。テンプレートのセレクトにはいくらかの制限はありますが、無数の追加テンプレートをフリーで楽にインポートしたり、独自のテンプレートを制作できます。

更に、Googleスライドは、利用者がGoogleに待ち望むようになったコラボレーションツールをサポートしています。何人かの人が同時並行的にスライドショーで操作する事ができ、組み込みのグループチャットが充実しているので、誰でもどういう状況になったかを確認することができます。プレゼンターモードでプレゼンを再生出来る事もメリットの一つです。プレゼンターモードでは、見る人にどのように映るかをプレビューし、どの様な構成かを試しに見ることができます。

Googleスライドの限られた欠点としては、大きくなってしまったスライドショーで読み出しの時間が遅くなる事象が発生することがあります。そして、スライドとパワーポイントを移行する事は出来ますが、変換でスライドのレイアウトが崩れることがあります。

GoogleスライドのHPへ移動

 

5、WPS Office Free

・メリット ・デメリット
・たくさんのテンプレートが含まれています
・使い慣れたユーザーインターフェイス
・たくさんのアニメーション
・広告は煩わしい場合があります

WPS Office FreeはMicrosoft Officeの代替えソフトとして使い方もとても似ており、インポート中にレイアウトのMicrosoft OfficeのPowerpointファイルを完全にアシストできています。WPSプレゼンソフトは、豊富なアニメーション、スライドの変更、コンテンツの効果、映像の埋め込みなど、Powerpointと同様性能を何もかも備えてあります。組み込まれているプレゼンテンプレートの起用は、無料パワーポイントソフトとして非常に直感的です。

このプレゼンソフトのとりわけた優位性の1つとして、Microsoft Officeを使ってた場合、ユーザーインターフェイスが極めて利用し慣れたものになる事です。ありとあらゆるツールは上部のリボンに開示されていて、スライドは画面の左側に表示され、楽に移動できます。WPSプレゼンから直接プレゼンを提示するのはとてもかんたんです。

WPSプレゼンの短所はあまり見当たりませんが、ソフトには広告が多く一部の利用者は広告がとてもうっとうしいと感じる場合があります。

WPS Office FreeのHPへ移動