ビジネスを成功させるための最適なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)比較-6選

適正なコンテンツ管理システムはビジネスを運営する上で重要な要素です

コンテンツは、Web上での圧倒感とブランドを定める過程で非常に大きい意味を持っています。それが無ければ、皆様は現代の厳しいビジネスの世界で苦しい思いをするでしょう。実際のところ、デジタルマーケティングは、度外視されがちですが、疑う余地もなく商取引の重要度が最も高い分野の一つです。

ビジネスの可能性を限界まで増大化するには、高い評価を得ているコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)を欠かすことが出来ません。ビジネスを行うにあたって適切なコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)を選ぶことが最初の一歩となります。そして適切に選ばれたコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)はコンテンツ、ウェブサイトとブログを創造してコントロールすることを可能にさせます。

記載されたワードによってインターネット上で、あなたの業界の価値のある効果を発揮し、ハイレベルな製品を提供するのはもちろんの事、お客様とコネクトすることの出来る可能性があるでしょう。沿って、この記事では、多くのニーズに適した実用的なシステムを選びました。

最適なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)

1、WordPress
2、Squarespace
3、Magnolia
4、Weebly
5、Wix
6、Bynder

 

1、WordPress

・メリット ・デメリット
・たくさんのツール
・豊富なテーマ
・無料
・特になし

多くの方が耳にした事のあるコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)がWordPressです。プラットフォームは2003年に誕生しました、それ以降インターネットのメインの部分であると言えます。PHPとMySQLを基準にして、記載されたコンテンツ、映像、写真などを利用して、多機能搭載のウェブサイトあるいはブログを組み立てるためのツールを使えるようにします。

さらに、作られたテーマとサードパーティのテーマを盛り込んでインストールして、WEBサイトをパーソナライズする事もできます。Eコマースからホスピタリティまで、ありとあらゆるジャンルのユーザーに応じています。Wordpress.orgからフリーでソフトをDLしてサーバーにインストール可能ですが、ドメインを準備してWordPressでホスティングするオプションも存在します。さらに、WordPressネイティブソフトを思うままに使えて、最近、ブロックエディターがスマホデバイスでサポートされる様に変化しました。

WordPressのHPへ移動

 

2、Squarespace

・メリット ・デメリット
・初心者にも優しい
・直感的なUI
・たくさんのテーマ
・特になし

SquarespaceはWordPressと同様の人気のあるコンテンツ マネジメント システム(CMS)プラットフォームであり、WordPressとほぼ同時期からスタートしました。一番の異なるところは、オープンソースじゃあない事だと言えます。それに伴って、ソフトをDLして独自のサーバーにインストール行うことは出来ません。

その代わり、総合されたWebサイトビルダー、ブログプラットフォーム、ホスティングサービスです。始めるには、サブスクリプションにサインアップし、Squarespaceを利用すると、スタート時からWebサイトを楽に創り出せる事なのです。このメリットは、一度もWeb開発の経験がないけれども、サイトを稼働させることが求められる場合にまさしく効果が期待できます。WordPressと同じくらいに、ほとんどのテーマをインストールし、テキスト、写真、映像を利用してウェブサイトを積み増せます。

SquarespaceのHPへ移動

 

3、Magnolia

・メリット ・デメリット
・セキュリティを重視
・ビジネスニーズに合わせた
・Javaベース
・特になし

Magnoliaのコンテンツ管理システムのメインの魅力としては、セットアップと利用が楽な事が多い事です。もし、あなたがビジネスをしていて、ご自身の商品やサービスを宣伝する為に必要なWEBページを持ちたいとします。しかし、あなたはその技術を持っていない場合、Magnoliaは非常に扱いやすいコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)です。

JavaベースのMagnolia CMSは、大体を実行できるWebサイトが要される企業をとりわけ対象としています。eコマース、分析、マーケティングオートメーション、ソーシャルメディア、CRM、ERPといった分野を結合するハブを実装しています。ここにおけるメリットは、時間の経過と共にビジネスが発展するにしたがってそういった機能を追加できる事なのです。

セキュリティもシステムのメインです。これは、攻撃に対応するためにWebサイトのパブリック要素とプライベート要素を分け隔てるアーキテクチャを導入しているためです。ユーザーや管理者が設定できるので、一定のコンテンツをどなたが作成、編集、表示、そして発行したかを常に監視できます。

MagnoliaのHPへ移動

 

4、Weebly

・メリット ・デメリット
・幅広いプラン
・ドラッグアンドドロップでウェブサイトを構築
・サイトにメディアを追加するのは簡単
・特になし

ワードプレスと一緒で、Weeblyは世間的にもよく知っている名前です。お手軽なコンテンツ管理システムで、初めて扱う方であっても数分でシンプルなWEBサイトをセットアップが可能でしょう。プラットフォームはDrag&Drop形式を利用しているため、機能やメディアをウェブサイトに楽に追加出来ます。不要なコンテンツも作成したときと同様に、その都度瞬時に削除することが出来ます。

WeeblyのHPへ移動

 

5、Wix

・メリット ・デメリット
・HTML5をサポート
・幅広いプラグインが利用可能
・リーズナブルな価格のビジネスプラン
・サーバーがとても重い

Wixは、HTML5とスマホ向けに適したウェブサイトを楽に構成出来るクラウドベースのウェブ開発プラットフォームです。

プラットフォームはDrag&Dropシステムを採用していて、プラグインをインストールすることによって機能を追加することも出来ます。Wixは、メールマーケティング、eコマース、お問い合わせフォーム、コミュニティフォーラムなどのビジネスに必要な要素の殆どに対応しています。CMSプラットフォームでは通常のことですけど、ハイグレードプランを使用することで、広告を削除して、独自のドメイン名を利用して、帯域幅を増殖させる事が可能になります。

WixのHPへ移動

 

6、Bynder

・メリット ・デメリット
・優れたコラボレーションツール
・共有可能なスタイルガイドを簡単に作成
・マーケティングに最適
・費用がかかる

Bynderのコンテンツ管理システムは、コンテンツをオンラインで公開するのにベストですが、作業チームの間でのコンテンツのシェア作業に関しましては、非常に優秀な効果を得られます。Bynderは、コンテンツを楽に制作、検索、利用、コントロールできるマーケティングプラットフォームです。

ブランドマネージャー、マーケティング担当者、がこれまでなかったマーケティングコンテンツを制作、承認、流通する為に効果がある、ハイレベルなワークフローがたくさん用意されています。また、シェア可能なスタイルガイドを創造して、ありとあらゆるコンテンツに統一性を持たせ、ビジネスのブランドイメージに一体感をもたせることができます。

BynderのHPへ移動