仕事と生活のクオリティーを上げるために使える無料アプリ 4選

仕事の効率を上げたい、生活をもっと充実させたいと思っている人にとってアプリは重要なツールになります。ワークライフバランスを整え、仕事でも成功して生活も豊かにできるようにするためのサポートとして使ってみたいアプリを4つ紹介します。どのアプリも使い方次第で色々な可能性を秘めているので、無料というメリットを活かして積極的に活用してみましょう。

フォルダ監視フリー ソフト5選

1、最高のノートアプリEvernote
2、シンプルで使いやすいスケジュール管理ツールのTimeCrowd
3、無料の名刺管理アプリEightで世界が広がる
4、テレワーク対応で急速に広まったビデオ通話アプリZoom

 

1、最高のノートアプリEvernote

Evernoteはスマートフォンやタブレットをノートとして活用するのに有用なアプリで、企業で業務ツールとして取り入れていることもあるほど注目されています。業務用ツールとして使っていくには有料プランのプレミアムプランか法人向けプランが適していますが、ノートとして活用する範囲内ならEvernoteは無料のベーシックプランでも十分です。

Evernoteをインストールしておくだけで、ふと思いついたことや、覚えておかなければならないことをまとめて一つのアプリに記録できるようになります。普通のメモ用紙のように文字を書くことも、イラストを描くこともできますが、さらにスマートフォンなどで撮影した写真を貼り付けておいたり、ボイスメモを添付しておいたりすることも可能です。インターネットで検索した情報をダウンロードして貼り付けることも、送受信したメールを付けておくこともできます。このようにメモ帳以上の機能が揃っている汎用性が高いアプリなのがEvernoteの特徴です。

Evernoteはメモの整理や共有についても機能が充実しています。ノートや貼り付けた画像内のテキストを検索したり、タグ付けをしたりするのは標準機能です。自分で複数の端末からメモを見ることもできますが、複数のユーザーでメモを共有することもできます。夕飯のアイディアをメモして家族で共有する、旅行計画について皆で一つのメモに自由に希望や調べたことを付けていくということもできるでしょう。会社のチームメンバーでメモを共有して、課題や解決案を常に見られるようにするといった使い方もよく行われています。仕事でもプライベートでもふと思い立ったときにメモを作り、必要なときに参照したり共有したりすることが簡単なのはEvernoteの魅力です。

 

2、シンプルで使いやすいスケジュール管理ツールのTimeCrowd

スケジュール管理は仕事をする上でも生活を楽しむ上でも欠かせないことです。TimeCrowdは時間管理ツールでチームによる管理までできるように仕上げられている高機能ツールです。フリーアプリとして使用するには個人利用に限られるので会社でチームのタスク管理のために用いることはできませんが、自分のスケジュールをシンプルな形で管理できるようにするには適しています。

TimeCrowdではタスクをアプリからでもブラウザからでも入力ができます。Google Chromeと連携しているのも特徴で、拡張機能を入れるとウェブページの名前をタスク名にしてタスク入力が可能です。ウェブサイトを開いて調査をしているときに、このタスクは明日出社後にやろうと考えたらわずか数クリックでタスクを入れられます。コロナウイルス対策のためにリモートワークが増えて、ウェブアプリケーションを使って業務をすることも多くなりました。ウェブ上で行うタスクのスケジュール管理については特に便利なアプリです。

スケジュール管理に使うとTimeCrowdは仕事だけでなくプライベートの予定も入れられますが、その際に仕事とプライベートを一緒に表示することも分けて表示することも可能です。さらにTimeCrowdにはレポート機能があって、仕事とプライベートという分け方をしたら、それぞれにどれだけの時間を費やしたかをグラフにできます。見える化によって比率が直感的にわかるため、ちょっと働き過ぎだから来月は仕事の時間を控えようなどといった考えを持てることもあるでしょう。ワークライフバランスを整えていくためのツールとしても有用なのがTimeCrowdです。

 

3、無料の名刺管理アプリEightで世界が広がる

名刺は日本社会でビジネスをしていく上では欠かせないものですが、管理が大変になるのが問題です。大量の名刺をどのように保管するか、必要な連絡先を見つけ出すのを簡単にするにはどうしたら良いかは常に大きな課題になっています。Eightはその解決ツールとしてもはや標準的になってきている名刺管理アプリです。

数ある名刺管理アプリの中でもEightの特徴は、実績によって保証されている名刺入力の高い正確さです。スマートフォンやタブレットなどで名刺を撮影するだけでデータ化が速やかに実現されます。AIを導入して正確性の向上を追求していることに加え、判断が難しい場合にも手入力によって正しい情報を入れられるようにしています。電子化されているので検索も可能で、スムーズに連絡先を確認することが可能です。

さらに、EightはビジネスSNSになっていて、つながっておくと相手の転職や昇進などによる変化が通知で届くようになっています。上司なら昇進祝いの連絡をして気に入ってもらおうと考えることもできますが、社外の人であればビジネスチャンスも増えるでしょう。ただの名刺がEightを使うだけで飛躍的に使いやすくなり、色々な可能性が切り開かれるのです。

 

4、テレワーク対応で急速に広まったビデオ通話アプリZoom

テレワークによってリモート会議が開かれるようになり、仕事ではビデオ会議に慣れなければならない状況が生まれました。それと同時に急速に普及が進んだのがZoomです。会議に招待されてアクセスするのみならインストールするだけで良い簡単さが命のビデオ会議アプリです。会議の主催者になるためにはアカウントを作らなければなりませんが、無料でも100人まで同時接続させられます。インストールしてアカウントを作っておけばビジネスシーンでもプライベートでも簡単にリモートでコミュニケーションを取れる魅力的なツールです。

利用経験がある人が増えてきた影響でSkypeやLINEのように普段使いに使用する人も増えてきています。ビジネスシーンでの利用も多いのは確かですが、プライベートでもリモート飲み会には最もよく用いられているのがZoomです。Zoomは遠くにいる人とも顔を合わせながら気軽に話せるのが魅力で、単身赴任の人が家族と団欒を楽しむのにも使われています。仕事もプライベートも充実させるためのアプリとして積極的に活用してみましょう。